フィリップ・ファールバッハ1世

フィリップ・ファールバッハ1世ドイツ語: Philipp Fahrbach der Ältere, 1815年10月25日 - 1885年3月31日)は、オーストリアの音楽家。

フィリップ・ファールバッハ1世
Philipp Fahrbach I.
Philipp Fahrbach senior.jpg
(撮影時期不明)
基本情報
生誕 1815年10月25日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
死没 (1885-03-31) 1885年3月31日(69歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 ウィーン
ジャンル ウィンナ・ワルツ
ポルカ
行進曲
職業 作曲家
指揮者
フルート奏者
活動期間 1825年 - 1885年

ヨーゼフ・ランナーヨハン・シュトラウス1世の存命時から「第三」のウィンナ・ワルツの作曲家として将来を嘱望されており、オーストリア帝室宮廷舞踏会音楽監督も務めた。

なお、2016年現在、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートに彼の作品が採り上げられたことはない。

生涯編集

 
フィリップ1世の墓

1815年10月25日オーストリア帝国ウィーンで誕生。4歳でヴァイオリンを弾き始めるなど、幼少期から音楽的才能の片鱗を示した[1]。彼の兄弟はいずれも音楽的な才能があり、フィリップはのちに「兄ヨーゼフ・ファールバッハドイツ語版は、私に7歳のときから、かなりみっちりと手風琴の基礎を教えてくれたので、私はすでにコントラバスを弾きこなせるようになっていた。」と回想している[1]。もう一人の兄フリードリヒ・ファールバッハドイツ語版と弟のアントン・ファールバッハも音楽家である。

1825年、10歳のときヨハン・シュトラウス1世の楽団に所属し、フルート奏者を務めた[1]。シュトラウス楽団に所属していたとき、シュトラウス1世はフィリップのいくつかの作品を初演してくれたという[1]。20歳のときに自身のオーケストラを持って独立してその名を知られるようになり、ランナーとシュトラウス1世に次ぐ第三者とまで言われるようになった[1]。独立後もシュトラウス1世との関係を保ち、彼の『ドイツ統一行進曲』や『ラデツキー行進曲』などの弦楽オーケストラ編曲作業にも携わった。

シュトラウス1世が1849年に没すると、その後任として宮廷舞踏会音楽監督をオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世より拝命した[2]。その他にもホッホ・ウント・ドイチュマイスター連隊の軍楽隊長を務めるなど、ヨハン1世の息子で「ワルツ王」として知られるヨハン・シュトラウス2世の好敵手であった[1]。彼の作品の中ではレントラー風ワルツ『ウィーンの森のツノメドリ』(作品61)が特によく知られる。同名の息子フィリップ・ファールバッハ2世もワルツの作曲家として活動しており、親子そろってワルツ王の手強いライバルであった。

作品編集

ワルツ編集

  • 『ごますりワルツ』(Die Schmeichler)op.13
  • 『熱中する人々』(Die Schwärmer)op.43
  • レントラー風ワルツ『ウィーンの森のツノメドリ』(Das Schwarzblattl aus’n Weaner Wald)op.61
  • 『猫のワルツ』(Katzenmusik)op.67
  • 『マグダレーナ・ワルツ』(Magdalene-Walzer)op.235

ポルカ編集

  • 『くたびれるポルカ』(Strapazier-Polka)op.63
  • 『ウィーンのポルカ』(Wiener-Polka)op.109
  • 『マリーエン・ポルカ』(Marien-Polka)op.164
  • 『速い郵便馬車ポルカ』(Der flotte Postillon)op.167
  • 『レルヒェンフェルト・ポルカ』(Lerchenfelder-Polka)op.178
  • 『コオロギ』(Nr.2: Franzosische-Polka)op.206
  • 『休みなし、電光石火のポルカ』(Rastlos, blitzschnelle-Polka)op.295
  • フランス風ポルカ『愉快なジャンプ』(Lustige Sprünge, Polka-française)op.307

ポルカ・シュネル編集

  • 『ウィーンの消防隊』(Wiener Feuerwehr)op.280
  • 『ルル・ポルカ』(Lulu)op.292

出典編集

  1. ^ a b c d e f 加藤(2003) p.104
  2. ^ 加藤(2003) p.108

参考文献編集

  • ピーター・ケンプ『シュトラウス・ファミリー:ある音楽王朝の肖像』木村英二訳、音楽之友社、1987年10月。ISBN 4276-224241
  • 大田美佐子「音楽と政治 : ナチス政権下のヨハン・シュトラウス受容 : ヨハン・シュトラウスのドイツ国家のマーチに関連して」(学習院大学『学習院大学ドイツ文学会研究論集』第4号、2000年)
  • 加藤雅彦『ウィンナ・ワルツ ハプスブルク帝国の遺産』日本放送出版協会NHKブックス〉、2003年12月20日。ISBN 4-14-001985-9