フィリップ・ルンプフ

ドイツの画家・版画家

フィリップ・ルンプフ(Peter Philipp Rumpf、1821年12月19日 - 1896年1月16日)はドイツの画家、版画家である。

略歴編集

フランクフルト・アム・マインで菓子職人の息子に生まれた。父親の仕事を学んだ後、1836年にフランクフルトの美術学校(Staatliche Hochschule für Bildende Künste)に入学し、彫刻を学んだが、1838年に絵画に転じ、ヤーコブ・ベッカーやヴェンデルシュタット(Carl Friedrich Wendelstadt)、ハインリヒ・フォン・ルスティーゲヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマンに学んだ。

1844年に金持ちの娘のための美術学校を開き1860年までこの学校を続けた。1852年にパリに出て、フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローや写実主義の画家、ギュスターヴ・クールベの作品を学んだ。同じフランクフルトの美術学校で学んだ、アントン・ブルガーもパリを訪れた。その後、ミュンヘンやドレスデンや北イタリアも訪れた。

1875年にアントン・ブルガーやディールマンが住み、作品を制作していたフランクフルトに近い別荘地、クローンベルク・イム・タウヌスに移り、「クローンベルクの芸術家村(Kronberger Malerkolonie)」のメンバーの一人として活動した。1890年にフランクフルトに戻った。

油彩以外にも水彩画や版画も描いた。1888年にルクセンブルク大公アドルフによって、宮廷画家、美術学校」の教授に任じられた。

息子のエミル・ルンプフ(Emil Rumpf:1860–1948)も画家になり、馬の絵を得意とした。

作品編集

参考文献編集

  • Albert Dessoff: Biographisches Lexikon der Frankfurter Künstler im neunzehnten Jahrhundert. (= Kunst und Künstler in Frankfurt am Main im neunzehnten Jahrhundert Band 2). Baer, Frankfurt am Main 1909, S. ?.
  • August Wiederspahn, Helmut Bode: Die Kronberger Malerkolonie. Ein Beitrag zur Frankfurter Kunstgeschichte des 19. Jahrhunderts. Kramer, Frankfurt am Main 1982, ISBN 3-7829-0183-5, S. ?.
  • Andreas Hansert: Rumpf, Peter Philipp. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 22, Duncker & Humblot, Berlin 2005, ISBN 3-428-11203-2, S. 255 f.