ヤーコブ・ベッカー

ヤーコブ・ベッカー(Jakob Becker、1810年3月15日 - 1872年12月22日)はドイツの画家、版画家である。

ヤーコブ・ベッカー
Jakob Becker
JakobBecker1810.jpg
作者不詳の肖像画
生誕1810年3月15日
Flagge Großherzogtum Hessen ohne Wappen.svg ヘッセン大公国, ディッテルスハイム
死没1872年12月22日
ドイツの旗 ドイツ帝国, フランクフルト・アム・マイン

略歴編集

現在のラインラント=プファルツ州ヴォルムスに近いディッテルスハイム(Dittelsheim-Heßloch)の宿屋の主人の息子に生まれた。ヴォルムスの画家ユング(Carl Nikolaus Jung)に絵を学んだ[1]

1826年からフランクフルト・アム・マインシュテーデル美術館で学び、鳥類美術研究所(Vogelsche Kunstanstalt)で版画家としても働いた。フランクフルトで画家、版画家のヤーコブ・フュルヒテゴット・ディールマンと友人になった。1833年に版画会社の依頼でテオドール・ヒルデブラントの作品の複製版画の製作のためにデュッセルドルフ訪れ、その後、1841年まで滞在し、デュッセルドルフ美術アカデミーヨハン・ヴィルヘルム・シルマーフリードリッヒ・ヴィルヘルム・シャドウに学んだ。1838年に友人の画家のミュラー(Wolfgang Müller von Königswinter)の妹と結婚してデュッセルドルフに住んだ。

1842年からフランクフルトでシュテーデル美術館の美術学校の風俗画と風景画の教授となった。ベッカーが教えた学生にはヨハネス・ダイカー、ハインリヒ・ヴィンター(Heinrich Winter)、ヴィルヘルム・ベール(Wilhelm Amandus Beer)、アントン・ブルガー、ハインリヒ・ハッセルホルスト(Heinrich Hasselhorst)、パウル・ヴェーバーらがいる。

ロマン派の詩人、ルートヴィヒ・ウーラントの作品から題材をとった版画作品に代表される作品からキャリアが始まったが、デュッセルドルフで学んだ後はアドルフ・シュレータールドルフ・ヨルダンの影響を受けて文学作品を題材にした作品も描いたが、風俗画の優れた画家となった。

作品編集

参考文献編集

  • Becker, Jacob. In: Friedrich von Boetticher: Malerwerke des 19. Jahrhunderts. Beitrag zur Kunstgeschichte. Band 1/1, Bogen 1–30: Aagaard–Heideck. Fr. v. Boetticher’s Verlag, Dresden 1891, S. 59–60 .
  • Rudolf Schrey: Becker (Becker von Worms), Jacob. In: Ulrich Thieme, Felix Becker (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 3: Bassano–Bickham. Wilhelm Engelmann, Leipzig 1909, S. 148–149.
  • Heinrich Weizsäcker: Becker, Jacob. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 46, Duncker & Humblot, Leipzig 1902, S. 317–321.
  • Wolfgang Metternich: Der Maler Jakob Becker. Ein Frankfurter Lehrer und Wegbereiter im 19. Jahrhundert. Ausstellung im Firmenmuseum der Hoechst AG, Höchster Schloss, 17. März 1985 bis 20. April 1985. Hoechst AG, Frankfurt a. M. 1985.
  • Wolfgang Metternich: Jakob Becker. Der Lehrer der Kronberger Maler (= Dokumentation der Museumsgesellschaft Kronberg e.V. 8). Herausgegeben von der Museumsgesellschaft Kronberg e.V. Kramer Verlag, Frankfurt am Main 1991, ISBN 3-7829-0422-2
  • Hans Paffrath (Hrsg.): Lexikon der Düsseldorfer Malerschule 1819–1918. Band 1: Abbema–Gurlitt. Herausgegeben vom Kunstmuseum Düsseldorf im Ehrenhof und von der Galerie Paffrath. Bruckmann, München 1997, ISBN 3-7654-3009-9, S. 93–98 (Abb.).

脚注編集

  1. ^ möglicherweise der im Allgemeinen Künstlerlexikon von Georg Caspar Nagler (Hrsg.) erwähnte Carl Jung, Maler aus Mainz