メインメニューを開く

フィンバック (fin back) とはの構造の一種で、橋梁断面の桁両側に上に飛び出す形になる。原義は背びれのことであり、橋脚の上でとんがった形をしていることからこの名がついたという。その内部にはPCケーブルが埋め込まれて橋桁を引っ張っており、エクストラドーズド橋のケーブルをコンクリートで覆った構造。

特徴編集

外部リンク編集