フェリー粟国(フェリーあぐに)は、粟国村が運航しているフェリー

フェリー粟国
Ferry Aguni at Aguni port.JPG
粟国港に接岸中の本船
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 和幸船舶
運用者 和幸船舶
建造所 井筒造船所(第1103番船)
信号符字 JM4172
IMO番号 8974659
MMSI番号 431680207
経歴
起工 2001年
進水 2002年
竣工 2002年8月
就航 2002年8月16日
現況 引退
要目
総トン数 451 トン
全長 65.0 m
11.6 m
深さ 6.7 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 5,200馬力
航海速力 17.5 ノット
旅客定員 180名(臨時定員270名)
車両搭載数 乗用車25台
テンプレートを表示

概要編集

 
泊ふ頭に入港する本船

先代の代船として沖縄県離島海運振興の発注により井筒造船所で建造され、2002年8月16日に就航した[1]

就航航路編集

那覇港を起点に1日1往復を運航する。繁忙期は1日2往復の臨時運航、ドック期間中は代船として渡嘉敷村フェリーとかしきが週2往復程度運航される。

設計編集

前船より大型化し、座席が30席増加、臨時定員は70名増加した。航海速力の向上により所要時間は30分短縮され、片道2時間となった[2]。 船内はバリアフリー化されており、介護人が付き添って利用可能な車椅子用の昇降機、車椅子スペース、多目的トイレなどを有する[1]

船内編集

船室編集

  • 座敷席(1階)
  • 椅子席(2階)
  • 自動販売機

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “粟国-泊間に「フェリー粟国」が就航”. 琉球新報 (琉球新報社). (2002年8月16日). http://ryukyushimpo.jp/news/prentry-103368.html 2016年7月25日閲覧。 
  2. ^ 現在は2時間10分で運航

外部リンク編集