フスローウルドゥー語خسرو مِرزا, ヒンディー語 ख़ुसरो मिर्ज़ा, Khusrau, 1587年8月16日 - 1622年1月16日)は、北インドムガル帝国の第4代皇帝ジャハーンギールの長男。第5代皇帝シャー・ジャハーンの兄にあたる。

フスロー
ムガル帝国皇子
Emperor Jahangir receiving his two sons, an album-painting in gouache on paper, c 1605-06.jpg

出生 1587年8月16日
ラホール
死去 1622年1月16日
ブルハーンプル
子女 ダーワル・バフシュ
グルシャースプ
父親 ジャハーンギール
母親 マーン・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

1587年8月16日ムガル帝国の皇帝ジャハーンギールの長男として生まれる。母はアンベール王バグワント・ダースの娘マーン・バーイーである[1]

ジャハーンギールが皇子時代に皇帝アクバルに反乱を起こした際、フスローは有力貴族マーン・シングミールザー・アズィーズ・コーカらによって父に代わる後継者に祭り上げられた。だが、大多数の反対とチャガタイの法と慣習に反対するとの意見もあり、結果としてこれは失敗した[2]

1606年4月6日、フスローは父帝に反乱するために騎兵350騎とともにアーグラを去った[3]。彼はアクバル廟に一旦滞在し、マドゥラーではフサイン・ベグ率いる3000騎が駆けつけた。その後、ラホールへと向かう途中、シク教グル・アルジュンも味方に付き、支援を申し出た[4]

フスローはラホールを包囲したが、間もなくジャハーンギール率いる軍勢が駆けつけ、彼は敗れた[4]。その後、カーブルへ逃げようとしたものの、チェナーブ川を渡河とした際に追手に捕えられ、アーグラへ連行された[4][5]

フスローはジャハーンギールの前に鎖に繋がれたまま引き出され、のち投獄された。また、彼は自分に従った300人が串刺しにされるのを見せつけられた[4]。フサイン・ベグやシク教のグル・アルジュンも殺害された[4][6]

1607年、フスローが獄中で父帝暗殺を企てていたことが判明し、罰として彼は盲目にされた[4]。このとき、父帝はこれを死罪に値すると思っていたが、愛情が邪魔して出来なかったとのちに語っている[4]

1620年、弟フッラムがデカン遠征に行くときにフスローの引き渡しを求めたため、彼は引き渡された[7]1621年にフッラムがデカン地方で輝かしい勝利を収めたのち、1622年1月16日にフスローはブルハーンプルで殺害された[1][7][8][9]

死後、フスローの遺体はブルハーンプルに埋葬されたのち、母の遺体の眠るアラーハーバードに送られ、母の横に埋葬された[10]。その墓廟のある庭園はフスロー・バーグと呼ばれているようになった[10]

脚注編集

  1. ^ a b Delhi 5
  2. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.150
  3. ^ Majumdar, R.C. (ed.)(2007). The Mughul Empire, Mumbai: Bharatiya Vidya Bhavan, p.179
  4. ^ a b c d e f g ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.205
  5. ^ The Flight of Khusrau The Tuzk-e-Jahangiri Or Memoirs Of Jahangir, Alexander Rogers and Henry Beveridge. Royal Asiatic Society, 1909–1914. Vol. I, Chapter 3. p 51, 62-72., Volume 1, chpt. 20
  6. ^ クロー『ムガル帝国の興亡』、p.162
  7. ^ a b ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.215
  8. ^ Mahajan V.D. (1991, reprint 2007) History of Medieval India, Part II, New Delhi: S. Chand, ISBN 81-219-0364-5, pp.126-7
  9. ^ Melton, J. Gordon (Jan 15, 2014). Faiths Across Time: 5,000 Years of Religious History. ABC-CLIO. p. 1163. http://books.google.co.in/books?id=bI9_AwAAQBAJ&pg=PA1163&dq=khusrau+mirza+died&hl=en&sa=X&ei=Y-9WVP3WDtecugTJs4CQAg&ved=0CEsQ6AEwCA#v=onepage&q=khusrau%20mirza%20died&f=false 2014年11月3日閲覧。 
  10. ^ a b クロー『ムガル帝国の興亡』、p.163

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン、月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 
  • アンドレ・クロー、杉村裕史訳 『ムガル帝国の興亡』 法政大学出版局、2001年。 

関連項目編集