メインメニューを開く

フットノート』(ヘブライ語: הערת שוליים‎)は、ヨセフ・シダー監督・脚本、シュロモ・バル=アバとリオル・アシュケナージ英語版出演の2011年のイスラエルドラマ映画である[2]ヘブライ大学で教鞭を取る父親と息子の関係が描かれる。

フットノート
הערת שוליים
監督 ヨセフ・シダー
脚本 ヨセフ・シダー
製作 デヴィッド・マンディル
モシェ・エデリー
レオン・エデリー
ヨセフ・シダー (クレジット無し)
出演者 シュロモ・バル=アバ
リオル・アシュケナージ英語版
音楽 アミット・ポズナンスキ
撮影 ヤロン・シャーフ
編集 エイナ・グレイザー=ザーヒン
製作会社 ユナイテッド・キング・フィルムズ
ムービー・プラス
配給 イスラエルの旗 ユナイテッド・キング・フィルムズ
公開 フランスの旗 2011年5月14日 (CIFF)
イスラエルの旗 2011年6月2日
上映時間 107分
製作国 イスラエルの旗 イスラエル
言語 ヘブライ語
興行収入 $2,000,000[1]
テンプレートを表示

第64回カンヌ国際映画祭では脚本賞を獲得する。2011年のオフィール賞英語版では9部門を獲得し、さらに第84回アカデミー賞外国語映画賞にはイスラエル代表として出品される[3][4]。『フットノート』はアカデミー賞外国語映画賞最終選考9作品に残り[5]、さらに本選ノミネートも果たすが[6]、受賞はイラン映画の『別離』に譲った。

日本では世界三大映画祭の受賞作で日本未公開の作品を初公開する「三大映画祭週間2014」にて上映された[7]

ストーリー編集

キャスト編集

公開編集

プレミア上映は2011年5月14日に第64回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で行われた[8]。同映画祭では脚本賞を獲得した。イスラエルでは2011年6月2日にユナイテッド・キング・フィルムズ配給で公開された[9]。北アメリカではソニー・ピクチャーズ・クラシックス配給で公開された[10]。日本では2014年に三大映画祭週間で上映された[11]

興行収入編集

北アメリカでは200万7451ドルを売り上げている[1]

批評家の反応編集

Rotten Tomatoesでは75件のレビューで支持率は91%、平均点は7.7/10となっている[12]Metacriticでは27件のレビューで加重平均値は82/100となっている[13]

参考文献編集

  1. ^ a b Footnote (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年2月6日閲覧。
  2. ^ Smith, Ian Hayden (2012). International Film Guide 2012. p. 149. ISBN 978-1908215017. 
  3. ^ Brown, Hannah. “'Footnote' wins top pri...”. Jpost.com. 2012年1月28日閲覧。
  4. ^ 63 Countries Vie for 2011 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2011年10月14日閲覧。
  5. ^ 9 Foreign Language Films Vie for Oscar”. 2012年1月19日閲覧。
  6. ^ “Oscars 2012: Nominees in full”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-16700124 2012年1月24日閲覧。 
  7. ^ フットノート : 作品情報”. 映画.com. 2018年10月6日閲覧。
  8. ^ Horaires 2011” (French). festival-cannes.com. Cannes Film Festival. 2011年5月7日閲覧。
  9. ^ (הערת שוליים (2011 (*” (Hebrew). ishim.co.il. 2011年7月22日閲覧。
  10. ^ Lodderhose, Diana; McNary, Dave (2011年5月13日). “Sony Pictures Classics acquires 'Footnote'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118036979 2011年5月23日閲覧。 
  11. ^ 三大映画祭週間2014”. 三大映画祭週間. 2016年9月22日閲覧。
  12. ^ Footnote (2011)”. Rotten Tomatoes.. 2012年4月28日閲覧。
  13. ^ Footnote”. Metacritic.. 2012年4月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集