メインメニューを開く

第64回カンヌ国際映画祭は、2011年5月11日から22日まで開催された[1]

第64回カンヌ国際映画祭
オープニングミッドナイト・イン・パリ
クロージング愛のあしあと
会場 フランスの旗 フランス カンヌ
創設 1946年
受賞ツリー・オブ・ライフ
賞名 パルム・ドール
上映作品数 コンペティション: 20本
ある視点: 21本
短編: 9本
期間 2011年5月11日 - 22日
ウェブサイト http://www.festival-cannes.com

コンペティション部門はアメリカ合衆国の俳優であるロバート・デ・ニーロ[2][3]、短編部門はフランスの映画監督のミシェル・ゴンドリー[4]カメラ・ドールは韓国の映画監督のポン・ジュノ[5]が審査委員長を務めた。

オープニング作品はウディ・アレン監督、脚本の『ミッドナイト・イン・パリ』である[6]。オープニング及びクロージング・セレモニーでの司会はメラニー・ロランが務めた[7]

名誉賞は、イタリアの映画監督であるベルナルド・ベルトルッチに贈られた[8]ある視点部門のオープニングはガス・ヴァン・サント監督の『永遠の僕たち』である[9]

目次

公式選出編集

以下の映画が公式選出作品として上映される:[10]

日本語題 原題 監督 製作国
オープニング作品 ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris[6] ウディ・アレン   アメリカ
クロージング作品 愛のあしあと Les Bien-aimés クリストフ・オノレ   フランス

コンペティション部門編集

日本語題 原題 監督 製作国
私が、生きる肌 La piel que habito ペドロ・アルモドバル   スペイン
メゾン ある娼館の記憶 L'Apollonide (Souvenirs de la maison close) ベルトラン・ボネロ   フランス
Pater アラン・カヴァリエ   フランス
フットノート Herat Shulayiml ヨセフ・シダー   イスラエル
昔々、アナトリアで Bir Zamanlar Andolu'da ヌリ・ビルゲ・ジェイラン   トルコ
少年と自転車 Le Gamin au vélo ダルデンヌ兄弟   ベルギー
アーティスト The Artist ミシェル・アザナヴィシウス   フランス
ル・アーヴルの靴みがき Le Havre アキ・カウリスマキ   フィンランド
朱花の月 河瀬直美   日本
スリーピング ビューティー/禁断の悦び Sleeping Beauty ジュリア・リー   オーストラリア
パリ警視庁:未成年保護部隊 Polisse マイウェン   フランス
ツリー・オブ・ライフ The Tree of Life テレンス・マリック   アメリカ合衆国
La source des femmes ラデュ・ミヘイレアニュ   フランス
一命 三池崇史   日本
ローマ法王の休日 Habemus Papam ナンニ・モレッティ   イタリア
少年は残酷な弓を射る We Need to Talk About Kevin リン・ラムジー   イギリス
ミヒャエル Michael マルクス・シュラインツァー   オーストリア
きっと ここが帰る場所 This Must Be the Place パオロ・ソレンティーノ   イタリア
メランコリア Melancholia ラース・フォン・トリアー   デンマーク
ドライヴ Drive ニコラス・ウィンディング・レフン   アメリカ

ある視点編集

日本語題 原題 監督 製作国
Okhotnik バクール・バクラーゼ   ロシア
Halt auf freier Strecke アンドレアス・ドレーゼン   ドイツ
アウトサイド・サタン Hors Satan ブリュノ・デュモン   フランス
マーサ、あるいはマーシー・メイ Martha Marcy May Marlene ショーン・ダーキン   アメリカ
キリマンジャロの雪 Les Neiges du Kilimandjaro ロベール・ゲディギャン   フランス
Skoonheid オリヴァー・ハーマナス   南アフリカ
次の朝は他人 북촌 방향 ホン・サンス   韓国
Bonsai 〜 盆栽 Bonsái クリスチャン・ヒメネス   チリ
TATSUMI Tatsumi エリック・クー   シンガポール
アリラン 아리랑 キム・ギドク   韓国
私たちはどこに行くの? Where Do We Go Now? ナディーン・ラバキー   レバノン
Loverboy カタリン・ミツレスク   ルーマニア
哀しき獣 황해 ナ・ホンジン   韓国
Miss Bala ヘラルド・ナランホ   メキシコ
Trabalhar Cansa ジュリアナ・ ロジャス
マルコ・ドゥトラ
  ブラジル
永遠の僕たち Restless ガス・ヴァン・サント   アメリカ
大臣と影の男 L'Exercice de l'État ピエール・ショレール   フランス
Toomelah アイヴァン・セン   オーストラリア
オスロ、8月31日 Oslo, 31. august ヨアキム・トリアー   ノルウェー
エレナの惑い Елена アンドレイ・ズビャギンツェフ   ロシア
به امید دیدار モハマド・ラスロフ   イラン

コンペティション外編集

日本語題 原題 監督 製作国
ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris ウディ・アレン   アメリカ
La Conquête Xavier Durringer   フランス
それでも、愛してる The Beaver ジョディ・フォスター   アメリカ
愛のあしあと Les Bien-aimés クリストフ・オノレ   フランス
パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides ロブ・マーシャル   アメリカ

ミッドナイト・スクリーニング編集

日本語題 原題 監督 製作国
捜査官X 武侠 ピーター・チャン   香港
クライム・シティ Dias de gracia Everardo Gout   メキシコ

スペシャル・スクリーニング編集

日本語題 原題 監督 製作国
Labrador Frederikke Aspöck   デンマーク
Le Maître des forges de l'Enfer リティ・パニュ   フランス
Michel Petrucciani マイケル・ラドフォード   フランス
ラルザックの奇蹟 Tous au Larzac クリスチャン・ルオー   フランス

シネファウンデーション編集

映画学校の生徒が製作した映画を上映する「シネファウンデーション」では以下の作品が上映される:[10]

英題 原題 監督 学校
Cagey Tigers N/A Aramisova FAMU,   チェコ
Suu and Uchikawa Suu et Uchikawa Nathanael Carton NYU Asia,   シンガポール
The Trip A viagem Simão Cayette コロンビア大学  アメリカ
On My Doorstep Befetach beity Anat Costi ベツァルエル美術デザイン学院  イスラエル
The Agony and Sweat of the Human Spirit N/A D. Jesse Damazo and Joe Bookman アイオワ大学  アメリカ
Lunchbox Story Bento monogatari Pieter Dirkx Hogeschool Sint-Lukas,   ベルギー
The Letter Der Brief Doroteya Droumeva dffb,   ドイツ
Duel Before Nightfall Duelo antes da notte Alice Furtado Universidade Federal Fluminense,   ブラジル
Drari N/A Kamal Nazraq La Fémis,   フランス
Salsipuedes N/A Mariano Luque コルドバ国立大学  アルゼンチン
The Wedding Party La fiesta de casamiente Gastón Margolin and Martín Morgenfeld Universidad del Cine,   アルゼンチン
Till Summer Comes L'estate che non viene Pasquale Marino イタリア国立映画実験センター  イタリア
Big Muddy N/A Jefferson Moneo コロンビア大学  アメリカ
Martha Must Fly Al Martha lauf Ma'ayan Rypp テルアビブ大学  イスラエル
Fly by Night Ya-gan-bi-hang Son Tae-gyum 中央大学校  韓国
Changeling Der Wechselbalg Maria Steinmetz HFF Konrad Wolf,   ドイツ

審査員編集

コンペティション部門編集

ある視点編集

シネファウンデーション及び短編映画編集

カメラ・ドール編集

受賞結果編集

公式選出
  • シネファウンデーション
    • 1位 - The Letter (Doroteya Droumeva)
    • 2位 - Drari (Kamal Nazraq)
    • 3位 - Fly by Night (Son Tae-gyum)
独立選出
独立賞

参考文献編集

  1. ^ Festival de Cannes 2011”. festival-cannes.com. 2011年1月1日閲覧。
  2. ^ Robert De Niro to head Cannes jury”. Variety (2011年1月6日). 2011年1月6日閲覧。
  3. ^ Robert De Niro to head Cannes Film Festival jury”. BBC News (2011年1月6日). 2011年1月6日閲覧。
  4. ^ Michel Gondry to head short film jury at Cannes”. BBC News (2011年2月23日). 2011年2月23日閲覧。
  5. ^ Bong Joon-ho to head Cannes debut filmmaker panel”. BBC News (2011年4月8日). 2011年4月8日閲覧。
  6. ^ a b Leffler, Rebecca (2011年2月2日). “Woody Allen's 'Midnight in Paris' to Open Cannes Film Festival”. The Hollywood Reporter. 2011年2月2日閲覧。
  7. ^ Cannes 2011 : Carla Bruni, Mélanie Laurent et les films attendus!”. Yahoo. 2011年3月5日閲覧。
  8. ^ Bernardo Bertolucci to receive Palme d'Or honour”. BBC News (2011年4月8日). 2011年4月12日閲覧。
  9. ^ Leffler, Rebecca (2011年4月13日). “Gus Van Sant's 'Restless' to Open Cannes Un Certain Regard”. The Hollywood Reporter. 2011年4月13日閲覧。
  10. ^ a b Official selection 2011”. festival-cannes.com. Cannes Film Festival. 2011年4月14日閲覧。
  11. ^ The Jury of the 64th Festival de Cannes”. Cannes (2011年4月20日). 2011年4月20日閲覧。
  12. ^ Jude Law and Uma Thurman join Cannes jury”. BBC News (2011年4月20日). 2011年4月20日閲覧。
  13. ^ Jude Law, Uma Thurman among 8-member Cannes jury”. Boston.com (2011年4月20日). 2011年4月20日閲覧。
  14. ^ Leffler, Rebecca (2011年5月21日). “Un Certain Regard Announces Top Prizes (Cannes 2011)”. The Hollywood Reporter. 2011年5月21日閲覧。
  15. ^ Tartaglione, Nancy (2011年5月20日). “Take Shelter wins top prize at Cannes Critics Week”. Screen Daily. 2011年5月20日閲覧。
  16. ^ Hopewell, John (2011年5月21日). “'Le Havre' win top Fipresci crits' award”. Variety. 2011年5月21日閲覧。
  17. ^ Nissim, Mayer (2011年5月21日). “'The Artist' Uggy wins 2011 'Palm Dog'”. Digital Spy. 2011年5月21日閲覧。
  18. ^ Skoonheid, Queer Palm 2011”. L'Express (France) (2011年5月21日). 2011年5月23日閲覧。

外部リンク編集