フューチャー・オブ・スターダム王座

フューチャー・オブ・スターダム王座は、スターダムが管理、認定している王座。

フューチャー・オブ・スターダム王座
詳細
現王者 吏南
獲得日 2023年5月12日
管理団体 スターダム
創立 2018年2月18日
統計
初代王者 スターライト・キッド
最長保持者 林下詩美:409日
最短所持者 白川未奈:13日
最年長 白川未奈
最年少 吏南

歴史

編集

2018年2月18日、20歳以内もしくはキャリア1年以内の選手を対象にした王座として創設[1]3月28日スターダム後楽園ホール大会で行われた初代王座決定トーナメントに優勝したスターライト・キッドが初代王者になった[2]

2020年12月20日、キャリア1年以内ギリギリで戴冠した飯田沙耶が挑戦資格の1年延長を訴えてキャリア2年以内の選手を対象に改められた。

歴代チャンピオン

編集
歴代 チャンピオン 戴冠回数 防衛回数 日付 場所
初代 スターライト・キッド 1 5 2018年3月28日[3] 後楽園ホール
第2代 林下詩美 1 6 2019年1月3日[4] 新木場1stRING
第3代 舞華 1 2 2020年7月17日[5] 後楽園ホール
第4代 飯田沙耶 1 3 2020年12月20日[6] 大阪府立体育会館・第2競技場
第5代 白川未奈 1 0 2021年7月4日[7] 横浜武道館
第6代 ウナギ・サヤカ 1 3 2021年7月17日 ベルサール高田馬場
第7代 琉悪夏 1 2 2021年10月9日 大阪城ホール
第8代 羽南 1 10 2021年12月29日 両国国技館
第9代 壮麗亜美 1 3 2022年10月19日 新宿住友ホール
第10代 吏南 1 9 2023年5月12日 品川インターシティホール

脚注

編集
  1. ^ 2018年2月18日 QUEEN's FES 2018” (2018年2月18日). 2019年2月8日閲覧。
  2. ^ 2018年3月28日 DREAM SLAM2018in Tokyo” (2018年3月28日). 2019年2月8日閲覧。
  3. ^ 初代王座決定戦で渋沢四季を破り獲得。
  4. ^ 2020年2月16日に王座返上。
  5. ^ 飯田沙耶、上谷沙弥との王座決定巴戦を制し獲得。
  6. ^ 舞華、上谷沙弥との3WAYを制し獲得。2021年4月7日に負傷のため返上。
  7. ^ 王座決定トーナメント決勝でウナギ・サヤカを破り獲得。