コバザクラ

フユザクラから転送)

コバザクラ(小葉桜または木葉桜、別名:フユザクラ冬桜[1]、学名:Cerasus × parvifolia 'Fuyu-zakura'[2][3][4])は、マメザクラオオシマザクラの交雑から生まれたサクラ属栽培品種サクラ[2][3]。樹形は傘状で樹高は亜高木、一重咲きで中輪の白い花を咲かせ、東京の花期は春の4月上旬と秋から冬にかけての10月から12月頃で、この二季咲きが最大の特徴である。以前はマメザクラとサトザクラもしくはヤマザクラの交雑種と考えられていた[5]

コバザクラの名は葉が小型なことに由来し[6]、別名のフユザクラ(冬桜)と学名における栽培品種名の'Fuyu-zakura'は冬に咲く事に由来するが、冬に咲く桜の総称としての「冬桜」にはシキザクラジュウガツザクラコブクザクラなども含まれるため混同に注意が必要である。

群馬県藤岡市にある桜山公園にはコバザクラ(フユザクラ)が多く植えられていて「三波川の冬桜」として有名である[5]

脚注編集

  1. ^ 勝木俊雄「サクラの分類と形態による同定」『樹木医学研究』第21巻第2号、樹木医学会、2017年、 96(p.93-104)、 doi:10.18938/treeforesthealth.21.2_93ISSN 1344-0268NAID 130007814398
  2. ^ a b 安行の冬桜 森林総合研究所 多摩森林科学園
  3. ^ a b 桜の新しい系統保全 ―形質・遺伝子・病害研究に基づく取組― p.25 森林総合研究所 多摩森林科学園
  4. ^ Prunusについてはサクラ属参照
  5. ^ a b 冬桜 日本花の会 桜図鑑
  6. ^ Vol.13 - 武蔵野生涯学習振興事業団

参考文献編集