フョードル・グラトコフ

フョードル・グラトコフ(Fedor Vasil'evich Gladkov 1883年6月21日 - 1958年12月20日)は、ソ連の小説家。

サラトフ生まれ。マクシム・ゴーリキーに師事して作品を書くかたわら革命運動に参加、1906年逮捕され獄中生活を送る。ロシア革命後の内戦当時は『赤い黒海』紙の編集者として活躍。ゴーリキーの勧めで創作活動に専念、1925年に社会主義リアリズムの長編『セメント』を発表、名声を獲得した[1]

日本語訳編集

  • 『セメント』辻恒彦訳 南宋書院 世界社会主義文学叢書 1928
『セメント』大間知篤三春陽堂 世界名作文庫 1932
『セメント』工藤精一郎新潮文庫 1956
『セメント』井上満,西本昭治岩波文庫 1960

脚注編集

[脚注の使い方]