メインメニューを開く

大間知 篤三(おおまち とくぞう、1900年明治33年)4月9日[1] - 1970年昭和45年)2月26日)は、日本の民俗学者

目次

経歴編集

富山県出身[1]第四高等学校[2]1927年東京帝国大学文学部独文科卒[3]。在学中、新人会に所属し、卒業後には労働農民党書記を務め、日本共産党に入る[1]。金沢連隊に入営ののち、1927年三・一五事件で三年間下獄[1]1931年、出所して大宅壮一の翻訳団に加わる。1933年より柳田國男に師事、民間伝承の会(現日本民俗学会)の創立に参加。1935年皆川治広の設立した思想犯保護団体大孝塾研究所(のち国民思想研究所)研究員。入隊時の上官・辻政信の推薦で1939年満州建国大学講師、のち教授[1]1946年帰国、1948年民俗学研究所嘱託、1950年代議員、1951年理事。1954年結核のため退職し、研究を続ける。

家族・婚姻が研究の中心であった[1]。著作集全6巻がある。

著書編集

  • 『日本家族制度の研究』国民思想パンフレット 国民思想研究所 1939
  • 『神津の花正月』六人社 1943
  • 八丈島 民俗と社会』創元社 1951
  • 『常陸高岡村民俗誌』刀江書院 1951 全国民俗誌叢書
  • 『婚姻の民俗学』岩崎美術社 1967 民俗民芸双書
  • 『伊豆諸島の社会と民俗』慶友社 1971 考古民俗叢書
  • 大間知篤三著作集』全6巻 未來社
第1巻 (家の伝承) 1975
第2巻 (婚姻の民俗) 1975
第3巻 (通過儀礼その他) 1976
第4-5巻 伊豆諸島の民俗 竹田旦編 1978-1979
第6巻 (満洲の習俗) 1982

共著・編纂編集

翻訳編集

参考文献編集

  • デジタル版日本人名大辞典
  • 『1930、40年代の日本民俗学と中国』王京著、歴史民俗資料学叢書
  • 上野和男「大間知篤三:その研究と方法」『日本民俗学のエッセンス:日本民俗学の成立と展開』ぺりかん社〈ぺりかん・エッセンス・シリーズ〉、1994年、増補版、223-241頁。ISBN 4831506370

脚注編集