フラボバクテリウム綱

フラボバクテリウム綱Flavobacteriia)とは、真正細菌におけるの一つである[1]。フラボバクテリウム綱の細菌はグラム陰性好気性桿菌であり、菌体サイズは2–5 µm × 0.3–0.5 μmで、滑走運動性を有し、黄色(クリーム色ーオレンジ色の間)のコロニー寒天培地上に形成する。セルロースを除くいくつかの多糖類に対する分解性を有する。GC含量は32–37%である。土壌や淡水・海水に広く分布する[2]。フラボバクテリウム綱細菌は、海洋におけるバイオフィルムの主要な構成微生物である[3]タイプ種フラボバクテリウム・アクアティレFlavobacterium aquatile)は、英ケント州の井戸から分離された[4]

フラボバクテリウム目
Elizabethkingia meningoseptica Blood agar plate.JPG
血液寒天培地で培養したエリザベトキンギア・メニンゴセプティカElizabethkingia meningoseptica
分類
ドメ
イン
: 細菌 Bacteria
: バクテロイデス門
Bacteroidetes
: フラボバクテリウム綱
Flavobacteriia

フラボバクテリウム目 Flavobacteriales

フラボバクテリウム綱は、常在菌かつ日和見感染原因菌である。フラボバクテリウム・サイクロフィラムFlavobacterium psychrophilum)は、敗血症性疾患のrainbow trout fry syndromeおよび細菌性冷水病を引き起こす。

フラボバクテリウム綱の英語名はFlavobacteriaと表記されることがあるが、2012年に正式にFlavobacteriiaと決定された[5][6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Bergey's Manual of Systematic Bacteriology, 2nd ed., vol. 1 (The Archaea and the deeply branching and phototrophic Bacteria) (D.R. Boone and R.W. Castenholz, eds.), Springer-Verlag, New York (2001). pp. 465-466.
  2. ^ Buchan, Alison; LeCleir, Gary R.; Gulvik, Christopher A.; González, José M. (2014). “Master recyclers: features and functions of bacteria associated with phytoplankton blooms”. Nature Reviews Microbiology 12 (10): 686–698. doi:10.1038/nrmicro3326. ISSN 1740-1526. PMID 25134618. 
  3. ^ Briand, Jean-François; Misson, Benjamin; Le Poupon, Christophe; Durrieu, Gaël; Garnier, Cédric; Berdjeb, Lyria; Pollet, Thomas (2018-06-01). “Prokaryotic community successions and interactions in marine biofilms: the key role of Flavobacteriia” (英語). FEMS Microbiology Ecology 94 (6). doi:10.1093/femsec/fiy083. ISSN 0168-6496. PMID 29733333. 
  4. ^ Flavobacterium aquatile (Frankland and Frankland) Bergey et al. ATCC &”. www.atcc.org. 2019年4月19日閲覧。
  5. ^ Bernardet, J.-F.; Bowman, J. P. (2013). “International Committee on Systematics of ProkaryotesSubcommittee on the taxonomy of Flavobacterium and Cytophaga-like bacteria: Minutes of the meetings, 7 September 2011, Sapporo, Japan”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 63 (Pt 7): 2752–2754. doi:10.1099/ijs.0.053926-0. PMID 23825377. http://ijs.sgmjournals.org/content/63/Pt_7/2752. 
  6. ^ Flavobacteriia class”. allmicrobes.com. 2014年11月1日閲覧。