メインメニューを開く

フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ

フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ(Frankie Lymon & The Teenagers)は、アメリカ合衆国黒人ヒスパニックによるドゥーワップグループである。1956年に全米7位・全英1位[1][2]を記録した当時13歳のフランキー・ライモンのリード・ボーカルによる『恋は曲者』のヒットで知られる。ダイアナ・ロスデヴィッド・ボウイ[3]山下達郎ボーイズIIメンなど、後世のミュージシャンに多大な影響を与えた。1993年にロックン・ロールの殿堂に選定された[4]

フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ
Frankie Lymon and the Teenagers.jpg
1956年
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市ハーレム
ジャンル ドゥーワップ、ロックンロール
活動期間 1954年 -
レーベル ジー・レコード、他
旧メンバー フランキー・ライモン(en:Frankie Lymon)、他

概説編集

ジャクソン5に先駆けた黒人系アイドルグループであり、デビュー曲『恋は曲者』は世界的に大ヒットし、のちに映画『アメリカン・グラフィティ』の挿入歌としても使われた。

エドワード・W・スティット中学校の生徒らでドゥーワップグループ「Coupe De Villes」を結成。1954年、12歳のフランキー・ライモンがに加わり、いくつかの改名を経たのちにジーレコードでオーディションを受け、1956年1月に「ザ・ティーンエイジャーズ」としてデビューする。

1957年9月にライモンが脱退しソロ歌手に転向。

ライモンはその後低迷し、1968年2月27日、15歳から使用していた[5]ヘロインの過剰摂取により25歳で他界した。

脚注編集