フランコ・ボッターリ

フランコ・ボッターリFranco Bottari, 1925年 - )は、イタリア美術監督美術デザイナー衣裳デザイナー映画監督脚本家である[1][2]

Franco Bottari
フランコ・ボッターリ
生年月日 1925年
出生地 イタリアの旗 イタリア カンパニア州カゼルタ県カゼルタ
職業 美術監督美術デザイナー衣裳デザイナー映画監督脚本家
ジャンル イタリア式コメディマカロニ・ウェスタン
活動期間 1959年 - 1980年
活動内容 1959年 セット装飾
1965年 美術監督
1968年 脚本家デビュー
1973年 監督デビュー
テンプレートを表示

来歴・人物編集

1925年(大正14年)、カンパニア州カゼルタ県カゼルタに生まれる。

1959年(昭和34年)に発表されたジャクリーヌ・オードリー監督によるイタリア・フランス合作映画『騎士デオンの秘密』で、美術デザイナーを務めたフランス側スタッフであるアレクサンドル・トローネルのもとで、「セット装飾」係としてクレジットされたのが、もっとも古い記録である[1]。1965年(昭和40年)、ミケランジェロ・アントニオーニマウロ・ボロニーニフランコ・インドヴィナが監督として参加したオムニバス三つの顔』で、美術監督を務める[1]

1968年 (昭和43年)、アントニオ・マルゲリーティ監督の『裸になれば死ぬ』で、美術から離れて初めて脚本家としてクレジットされる[1]。1973年(昭和48年)、『24時間それ以上は1分もない』で監督業に進出、1979年(昭和54年)までに『女性の欲求』『愚者の未亡人』の合計3作を監督する[1]

1980年(昭和55年)に発表されたアルド・グリマルディ監督の『ウェイトレスが旅行客を誘惑する』の美術を手がけて以降、作品歴が見当たらない[1]

フィルモグラフィ編集

一部を除きインターネット・ムービー・データベースに掲載された一覧である[1]

1960年代編集

1970年代編集

編集

  1. ^ a b c d e f g Franco Bottari, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年2月25日閲覧。
  2. ^ Franco Bottari, allmovie (英語), 2011年2月25日閲覧。

参考文献編集

関連事項編集

外部リンク編集