フランシスコ・マルト

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はデ・ジェスス、第二姓(父方の姓)はマルトです。

フランシスコ・デ・ジェスス・マルトポルトガル語: Francisco de Jesus Marto1908年6月11日 - 1919年4月4日)は、ポルトガル聖人

フランシスコ・マルト

生涯編集

父マヌエル、母オリンピア・ジェススの間に生まれた。羊を放牧している間、1916年にファティマの近くで妹のジャシンタといとこのルシア・ドス・サントスと一緒に聖母マリアが3回現れたと言われている(ファティマの聖母[1]1917年5月13日から10月13日まで、3人の子供たちはファティマ近くのコヴァ・ダ・イリア英語版で毎月13日(子供たちが誘拐された8月を除く)にマリアの出現を見た[2]。フランシスコの話によると、彼は聖母マリアの出現を見たが、話すのを聞いたことはなかったという。

1918年12月、スペイン風邪に罹患し、翌1919年4月4日に10歳で死去した。1952年3月13日、遺骨ははファティマのロザリオ教会に移された。

2000年5月13日に教皇ヨハネ・パウロ2世によって列福された。祝祭日は2月20日である。2017年5月13日、ファティマの聖母出現100周年を記念して教皇フランシスコによって列聖された。

出典編集

  1. ^ Francisco e Jacinta Marto”. www.causesanti.va. 2021年6月16日閲覧。
  2. ^ Shrine of Fatima | Today marks the anniversary of Saint Jacinta Marto's birth”. Santuário de Fátima. 2021年6月16日閲覧。