メインメニューを開く
フランソワ・フラマン

フランソワ・フラマン(François Léopold Flameng、1856年12月6日 - 1923年2月28日)はフランスの画家である。国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)の教授を務めた。第一次世界大戦中は「公式軍事画家」(Peintre des armées en France)に任じられた。

目次

略歴編集

パリで生まれた。父親のレオポール・フラマン(Léopold Flameng:1831-1911)も画家で、フランソワ・フラマンは父親から絵画を学んだ後、国立高等美術学校でエドゥアン(Pierre Edmond Alexandre Hédouin:1820-1889)やアレクサンドル・カバネルに学んだ。19歳の1875年にはサロン・ド・パリに出展し、審査員から賞賛された。

1905年に国立高等美術学校の講師に任じられ、数年後には教授となった。第一次世界大戦中は戦争大臣アレクサンドル・ミルランから「公式軍事画家」(Peintre des armées en France)に任じられ、多くの戦争を描いた絵を残し、戦後は戦争画家協会(Société des peintres militaire français)の名誉会長の称号を送られた。

レジオンドヌール勲章(シュバリエ)を受勲した。

作品編集

第一次世界大戦のイラスト編集

その他の作品編集

脚注編集

参考文献編集

  • Emmanuel Bénézit (Hrsg.): Dictionnaire critique et documentaire des peintres, sculpteurs, dessinateurs et graveurs de tous les temps et de tous les pays. Neuaufl. Grund, Paris, 1999 ff. Bd. ?, S. ?.
  • Louis Gaggini u. a.: Le train bleu. PLUS; Paris 1990, ISBN 2-908557-01-0, S. ?.
  • Philippe Guilloux: François Flameng, peintre de la Grand Guerre. In: Gazette des Uniforms, 1992, Heft 138 (September/Oktober).
  • Christian Hottin, Jean-Michel Leniaud: Quand la Sorbonne était peinte. Maisonneuve Larose, Paris 2001, ISBN 2-7068-1477-2, S. 91–92.
  • Frédéric Lacaille: La Première Guerre Mondiale vue par les peintres. Citèdis Paris 1998, ISBN 2-911920-11-2, S. ?..
  • John Laffin: The western front illustrated. 1914-1918. Suttin Publ., Stroud 1997, ISBN 0-7509-1438-6, S. ?.