フリードリヒ・レフラー

フリードリヒ・アウグスト・ヨハネス・レフラー(Friedrich August Johannes Loeffler, 1852年6月24日 - 1915年4月9日)はドイツ細菌学者ジフテリア菌の発見者[1]

フリードリヒ・アウグスト・ヨハネス・レフラー
Friedrich Loeffler 2.jpg
生誕 1852年6月24日
フランクフルト・アン・デア・オーダー
死没 (1915-04-09) 1915年4月9日(62歳没)
ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国
研究分野 微生物学
研究機関 グライフスヴァルト大学
フリードリヒ・レフラー研究所
出身校 ヴュルツブルク大学
ベルリン大学
主な業績 ジフテリア菌の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ヴュルツブルク大学ベルリン大学で医学を学ぶ。軍医を経て、1879年から1884年まで国立衛生研究所に勤務し[2]ロベルト・コッホの助手として働いた。1882年には日本からの留学生である緒方正規を指導した。1888年グライフスヴァルト大学 (University of Greifswald) の衛生学の教授となり、1913年ロベルト・コッホ細菌研究所所長。

1884年エドヴィン・クレープスとともにジフテリアの病原菌(ジフテリア菌)を発見した。そのほかにも口蹄疫のウイルス(ピコルナウイルス)を発見している。

脚注編集

  1. ^   Chisholm, Hugh, ed. (1922). "Löffler, Friedrich" . Encyclopædia Britannica (英語) (12th ed.). London & New York.
  2. ^   Rines, George Edwin, ed. (1920). "Loeffler, Friedrich" . Encyclopedia Americana.

関連項目編集