メインメニューを開く

緒方 正規(おがた まさのり、1853年12月5日嘉永6年11月5日) - 1919年大正8年)7月30日)は日本の衛生学者細菌学者東京帝国大学医科大学学長、東京帝大教授。日本における衛生学、細菌学の基礎を確立した。長男の緒方規雄は細菌学者、次男の緒方益雄は衛生学者。

緒方正規
Ogata Masanori, Director of the College of Medicine at Imperial University of Tokyo.jpg
生誕 1853年12月5日嘉永6年11月5日
肥後国八代郡河俣村小字鶴(現・熊本県八代市
死没 (1919-07-30) 1919年7月30日(65歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 衛生学細菌学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝

目次

経歴編集

1853年肥後国熊本藩医緒方玄春の子として生まれる。古城医学校を経て、1880年東京帝大医学部を卒業。

翌年ドイツマックス・フォン・ペッテンコーファーのもとに留学、ミュンヘン大学で衛生学を学んだ。また、1882年からはベルリン大学で、ロベルト・コッホの弟子であるフリードリヒ・レフラーに細菌学を学ぶ。

1884年に帰国。1885年には東大医学部の衛生学教室と内務省衛生試験所に着任し、衛生試験所に細菌室を創設する。同年、北里柴三郎にドイツ留学を勧めて、レフラー宛に紹介状を書いている[1]

1885年に脚気病原菌説を発表するが、ドイツ留学中の北里はこの学説を批判した。現在では北里の批判が正しかったことが分かっている[2]が、この事件によって、北里は東大の医学部と対立しつづけることになる。赤痢や後述のペスト菌の研究でも二人は対立しあい、研究面で何かと対決することが多かったが、私生活では晩年まで交流が続き、緒方の葬儀では北里が弔辞を述べている[3]

1886年帝国大学医科大学の衛生学初代教授となる。

1896年台湾でペストが流行したときに現地調査を行い、ペスト菌に対する北里の研究(1894年)の誤りを指摘した。北里が単体分離したと思っていた病原菌には、実はペスト菌を含む2種類の菌が含まれており、この誤りを北里は認め自説を撤回している[3]。また、ペストはネズミノミを媒介として流行することを証明し、ドイツの専門誌に発表した[4]

1898年に医科大学学長をつとめ、東京学士会院会員[5]、第5回日本医学会総会会頭[6]などを歴任した。

1919年、食道癌を患って静養していたが、気管支・肺に転移し、肺壊疽も併発して同年7月30日に死去[7]

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 緒方正規”. 弥栄の杜から. 2010年7月31日閲覧。
  2. ^ 科学における理論「評価」問題を考えるための歴史的事例(1) 事例2>緒方正規の「脚気病菌」の発見”. 佐野研究室. 2010年7月31日閲覧。
  3. ^ a b 北里柴三郎”. 弥栄の杜から. 2010年7月31日閲覧。
  4. ^ 北里柴三郎と緒方正規”. 2010年7月31日閲覧。
  5. ^ 物故会員一覧 (50音順) ア行”. 日本学士院. 2010年7月31日閲覧。
  6. ^ http://www.isoukai2011.jp/history.html [リンク切れ]
  7. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)76頁
  8. ^ 『官報』第907号「賞勲叙任」1886年7月10日。
  9. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  10. ^ 『官報』第8398号「叙任及辞令」1911年6月21日。
  11. ^ 『官報』第2098号「叙任及辞令」1919年8月2日。
  12. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  13. ^ 『官報』第7652号「叙任及辞令」1908年12月26日。
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第2098号「叙任及辞令」1919年8月2日。

外部リンク編集