メインメニューを開く

フリードリヒ・アウグスト・フォン・アンハルト=デッサウ

フリードリヒ・アウグスト・フォン・アンハルト=デッサウFriedrich August von Anhalt-Dessau, 1799年9月23日 デッサウ - 1864年12月4日 デッサウ)は、ドイツの諸侯家門アンハルト=デッサウ家の公子。アンハルト=デッサウ公レオポルト3世世継ぎ公子(Erbprinz)であるフリードリヒと、その妻でヘッセン=ホンブルク方伯フリードリヒ5世英語版の娘であるアマーリエ英語版の間の第7子、四男[1]

フリードリヒ・アウグスト
アンハルト=デッサウ家アスカーニエン家
Friedrich August von Anhalt-Dessau (1799-1864).jpg
出生 (1799-09-23) 1799年9月23日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 デッサウ
死去 (1864-12-04) 1864年12月4日(65歳没)
アンハルト公国 デッサウ
配偶者 マリー・フォン・ヘッセン=カッセル
父親 アンハルト=デッサウ公レオポルト3世
母親 アマーリエ・フォン・ヘッセン=ホンブルク英語版
テンプレートを表示

1832年9月11日にオッフェンバッハルンペンハイム宮殿ドイツ語版において、ヘッセン=カッセル=ルンペンハイム方伯ヴィルヘルム(10世)の娘マリーと結婚し、間に3人の娘をもうけた。

脚注編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “The Peerage: Friedrich August Prinz von Anhalt-Dessau”. 2012年3月1日閲覧。

参考文献編集

  • Landes-Industrie-Comptoir: Genealogisch-historisch-statistischer Almanach: auf das Jahr ..., Band 20, 1843, S. 166 Digitalisat