フレンチスケール

長さの単位

フレンチスケール(French catheter scale、フレンチカテーテルスケール、シャリエルスケール、フランスゲージ)とは、カテーテルの外径を示す単位である。主に医療現場で用いられる用語である。一般的にはFrと略されフレンチと読む。しかしFgまたはF、Chと表記される場合もある[1]フランスの医学者ジョセフ=フレデリック=ブノワ・シャリオールによって発明された単位である。

フレンチのサイズは、ミリメートルの3倍である。すなわち1フレンチの円形カテーテルの外径は、1/3ミリメートルである[2]

フレンチスケールの早見表編集

 
フレンチスケールの図
フレンチ
ゲージ
円周
(mm)
外径
(mm) (インチ)
3 3.14 1 0.039
4 4.19 1.333 0.053
5 5.24 1.667 0.066
6 6.28 2 0.079
7 7.33 2.333 0.092
8 8.38 2.667 0.105
9 9.42 3 0.118
10 10.47 3.333 0.131
11 11.52 3.667 0.144
12 12.57 4 0.158
13 13.61 4.333 0.170
14 14.66 4.667 0.184
15 15.71 5 0.197
16 16.76 5.333 0.210
17 17.81 5.667 0.223
18 18.85 6 0.236
19 19.90 6.333 0.249
20 20.94 6.667 0.263
22 23.04 7.333 0.288
24 25.13 8 0.315
26 27.23 8.667 0.341
28 29.32 9.333 0.367
30 31.42 10 0.393
32 33.51 10.667 0.419
34 35.60 11.333 0.445

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Poll, J. S. (1999). “The story of the gauge”. Anaesthesia 54 (6): 575–581. doi:10.1046/j.1365-2044.1999.00895.x. ISSN 0003-2409. 
  2. ^ 1 French”. Wolfram|Alpha. 2012年3月20日閲覧。

関連項目編集