フンツフェルトの戦い

フンツフェルトの戦いとは1109年8月24日にフンツフェルト(現在のヴロツワフの近郊)神聖ローマ帝国ポーランド王国の間で行われた戦い、ポーランド王国が勝利した。

フンツフェルトの戦い
PsiePole MBielski.png
フンツフェルトの戦いの木版画
1109年8月24日
場所シレジア
結果 ポーランド王国の勝利
衝突した勢力
Kingdom of Poland-flag.svgポーランド王国 Heiliges Römisches Reich - Reichssturmfahne vor 1433.svg神聖ローマ帝国
指揮官
ボレスワフ3世クシヴォウスティ ハインリヒ5世

戦闘編集

神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世自らが軍を率いてボヘミアに侵攻した。これは前年行われたポーランド王国のボヘミア侵攻の報復だった。戦いはポーランドの勝利に終わった。戦場に打ち捨てられた死体を野犬たちがむさぼっていたという。

関連項目編集

  • グウォグフの戦い - 1109年8月14日に神聖ローマ帝国とポーランド王国の間で行われた戦い。グウォグフを神聖ローマ帝国軍は包囲したがポーランド王国に敗れた。