メインメニューを開く

フーゴ・ベッカーフーゴー・ベッカー、Hugo Becker, 1864年2月13日 ストラスブール1941年7月30日 ガイゼルガシュタイク)は、ドイツチェリスト・音楽教師・作曲家。若くしてアルフレード・ピアッティに学んだ後、ドレスデンフリードリヒ・グリュッツマッヒャーに師事した[1]

フーゴ ベッカー
Hugo Becker BNF.jpg
基本情報
生誕 (1864-02-13) 1864年2月13日
出身地 フランスの旗 フランス帝国ストラスブール
死没 (1941-07-30) 1941年7月30日(77歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 チェリスト・音楽教師・作曲家
担当楽器 チェロ

経歴編集

アルザス・ドイツ人の著名なヴァイオリニスト、ジャン・ベッカーを父に、ストラスブールで生まれる。6歳から父親のヴァイオリン指導を受けるが、本人はチェロが好きだったため、9歳ごろからチェロの学習に切り替えた。15歳までに、父親と姉妹兄弟からなる弦楽四重奏団に加わり、演奏旅行を行う。やがてマンハイム宮廷楽団の首席チェロ奏者として知られるようになった[1]

1884年フランクフルト歌劇場オーケストラのチェリストに任命され、翌年にはフランクフルトホーホ音楽院の教師に採用された。1909年から1929年まで、ベルリン高等音楽学校のチェロ教授を務めた[2]。この頃には精力的な演奏旅行を行ない、またウジェーヌ・イザイフェルッチョ・ブゾーニとともにピアノ三重奏団を結成して室内楽を演奏した[1]。その後1914年から1921年まで、アルトゥール・シュナーベルカール・フレッシュと、シュナーベル三重奏団(第3期)を結成した[2]

2つのストラディヴァリウスを所蔵しており、そのうち1つが1720年製のクリスティアーニ、もう1つが1719年製のベッカーであった[1]

主要作品一覧編集

  • チェロ協奏曲 イ長調
  • アンダンテ・レリジオーソ Andante religioso
  • チェロとピアノ伴奏のための3つの小品
    • 愛の情景 Scènes d'amour, duo
  • 2つの小品 Deux Morceaux
    • ロマンツェ Romance, Duo
    • 優美な円舞曲 Valse gracieuse, Duo
  • 組曲《森の精の暮らしから》Aus dem Leben des Waldschrat, suite
  • 著書『チェロ奏法のメカニズムと美学』 Mechanik und Ästhetik des Violoncellospiels

編集

  1. ^ a b c d Hugo Becker, Cellist”. Internet Cello Society. 2007年5月26日閲覧。
  2. ^ a b Artur Schnabel: Musiker 1882-1951, page 19-21, pub: Archives of the Academie der Künste / Wolke Verlag, 2001