ブキッ・ブラピッ鉄道トンネル

マレーシア・ペラ州ブキッ・ブラピッにあるマレー鉄道の鉄道トンネル

ブキッ・ブラピッ鉄道トンネル(ブキッブラピッてつどうトンネル、: Bukit Berapit Rail Tunnel)は、マレーシアペラ州ブキッ・ブラピッ英語版にある、マレーシアで最長の鉄道トンネルである。

ブキッ・ブラピッ鉄道トンネル
Bukit Berapit Rail Tunnel
概要
路線 ウエスト・コースト線
位置 マレーシアの旗 マレーシア
ペラ州ブキッ・ブラピッ英語版
座標 北緯4度46分36.3秒 東経100度47分54.3秒 / 北緯4.776750度 東経100.798417度 / 4.776750; 100.798417座標: 北緯4度46分36.3秒 東経100度47分54.3秒 / 北緯4.776750度 東経100.798417度 / 4.776750; 100.798417
現況 運用中
系統 マレー鉄道 (KTM)
運用
建設開始 2008年
完成 2013年
開通 2013年
所有 マレーシア鉄道公社 (KTMB)
管理 マレーシア鉄道公社 (KTMB)
通行対象 鉄道
技術情報
設計技師 MMC英語版-Gamuda英語版
全長 3,300メートル (10,827 ft)
軌道数 2
電化の有無 電化
テンプレートを表示

当トンネルは、ペラ州Bukit Gantang英語版の近く、ブキッ・ブラピッに位置している。 当トンネルは、イポー - パダン・ブサール間の電化複線プロジェクト英語版の一環として建造されている。

歴史編集

当トンネルは、多くのトンネルとともに古く曲がりくねった線路を置き換えるために建設された。 当トンネルの完成によって、ブキッ・ブラピッ小駅 (Bukit Berapit Halt) が廃止されることとなった。

2008年より当トンネルの建設が開始され、2013年に完成した。 そして現在、当トンネルは委託されて供用中である。

ブキッ・ブラピッには、大昔よりタイピン市で人気の滝がある[要説明]

2本の対となった当トンネルは、東南アジアで最長となる延長3,300メートルのトンネルである[1][2]

脚注編集

  1. ^ Ipoh-Padang Besar Electrified Railway Project”. Railway Technology. 2014年5月15日閲覧。
  2. ^ Adopted from Terowong keretapi paling panjang di Malaysia - Buku Rekod Malaysia Edisi Kedua, Ghulam Jie M Khan

関連項目編集