メインメニューを開く

ブデソニド(英:Budesonide)は、糖質コルチコイドであり、ステロイド系抗炎症薬の一種である。気管支喘息の吸入ステロイド療法用に、商品名パルミコートとしてアストラゼネカ社より製造販売されている。またブデソニドと気管支拡張薬であるホルモテロールとの合剤(商品名シムビコート)のドライパウダー式吸入薬が、気管支喘息と慢性閉塞性肺疾患の治療薬として同じくアストラゼネカ社より製造販売されている。

ブデソニド
Budesonide skeletal.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
投与方法 Oral, Nasal, tracheal, rectal
薬物動態データ
生物学的利用能 100% (but large first pass effect)
血漿タンパク結合 85-90%
代謝 Hepatic CYP3A4
半減期 2.0-3.6 hours
排泄 尿中および胆汁排泄
識別
CAS番号
51333-22-3
ATCコード A07EA06 (WHO) D07AC09 (WHO), R01AD05 (WHO), R03BA02 (WHO)
PubChem CID: 40000
DrugBank APRD00442
ChemSpider 36566
化学的データ
化学式 C25H34O6
分子量 430.534 g/mol
テンプレートを表示

目次

薬理編集

ブデソニドは内服薬として用いると初回通過効果のため、多くは代謝を受けるので副作用も含め全身作用は少ないとされる。
消化管粘膜のみに作用させることを目的として、ターゲット部位で溶解する腸溶剤として経口投与する。また、気道粘膜に対しては吸入薬として投与する。ステロイド吸入薬の中では最も安全性が高く、妊婦にも用いることができる[1]。吸入ステロイドの内、ブデソニドだけがアメリカ食品医薬品局(FDA)の胎児危険度分類のBである。(その他の吸入ステロイド薬は分類はC)

禁忌編集

下記の患者には禁忌である[2]

  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、深在性真菌症の患者
  • 製剤成分に対して過敏症(接触性皮膚炎を含む)の既往歴のある患者
  • 結核性疾患の患者(原則禁忌)

副作用編集

小児の治験では3.3%に副作用が認められた。(成人のデータは未公開)

主な副作用は嗄声、咽喉頭疼痛、咳嗽、口腔カンジダ症、咽喉刺激感、悪心である。

効能・効果編集

出典編集

  1. ^ Norjavaara E,et al.Normal pregnancy outcomes in a population-based study including 2,968 pregnant women exposed to budesonide.J Allergy Clin Immunol.2003; 111(4): 736-42.
  2. ^ パルミコート100µgタービュヘイラー112吸入/200µg56吸入/200µg112吸入 添付文書” (2015年7月). 2016年6月28日閲覧。