メインメニューを開く

ブラッド・スローン』(原題: Shot Caller)は、2017年クライムスリラー映画。原題の(Shot Caller)は刑務所でのスラングで、「リーダー」を意味する。

ブラッド・スローン
Shot Caller
監督 リック・ローマン・ウォー
脚本 リック・ローマン・ウォー
製作 ミシェル・リトヴァク
ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
ジョナサン・キング
リック・ローマン・ウォー
製作総指揮 ジェフ・スコール
ジェフリー・ストット
リサ・ザンブリ
マット・ローズ
タッカー・トゥーリー
出演者 ニコライ・コスター=ワルドー
オマリ・ハードウィック英語版
レイク・ベル
ジョン・バーンサル
音楽 アントニオ・ピント
撮影 ダナ・ゴンザレス
編集 ミシェル・テゾーロ
製作会社 ボルド・フィルムズ
パーティシパント・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 サバン・フィルムズ
日本の旗 松竹メディア事業部
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年8月18日
日本の旗 2017年9月30日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

概要編集

「松竹エクストリームセレクション」の第三弾作品。
第一弾『ジェーン・ドウの解剖
第二弾『アイム・ノット・シリアルキラー
第三弾『ブラッド・スローン
第四弾『ロキシー

あらすじ編集

エリート人生を歩んできたジェイコブは、飲酒運転による交通事故をきっかけに16ヶ月の刑に服すことになるが、刑務所は予想以上に過酷だった。弱い者が標的にされていく中、生き残る為の戦いを余儀なくされたジェイコブは売られた喧嘩に勝利する事で認められ、派閥のひとつに受け入れられ、自分の居場所を獲得する。グループの庇護下で身の危険が減った反面、反抗の許されないボスの命令に服従するうち、殺しにも手を汚していく。家族には益々顔向け出来なくなり、刑期は延びていく。後戻りの出来ない状況の中、頑なに家族との連絡を避ける一方、ギャング内で次第にのし上がっていくジェイコブ。そして10年の刑期が終わるが、檻の中からすべてのギャングを支配するボス、ビーストに、出所後は銃器の取引を仕切るよう命令され、断れば家族の安全は保証しないと言われる。出所後も不意の銃撃や、警察の執拗な捜査、仲間の裏切り、いつ訪れるか分からない家族の危険への不安など、何ひとつ好転していない状況に苛立ちを覚える。結局、取引現場で警察に逮捕され元の刑務所に逆戻りしたジェイコブは怒り狂ったビーストに呼び出される。ビーストの前に来たジェイコブは自前の道具で手錠を外し、看守を閉じ込めると、ビーストを見据える。ビーストはジェイコブが自分を殺す為にわざと逮捕され、ここに舞い戻ったのだと悟る。ジェイコブはビーストを殺し「家族には手を出させない」と言う。終身刑となり同時に刑務所の新しいボスとなったジェイコブの元に手紙が届く。手紙には、あなたと同じ道を歩まない、前に踏み出す、母を守る、あなたを許す、息子より。という旨の内容があった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

評価編集

本作は批評家から肯定的に評価された。多くの批評家がニコライ・コスター=ワルドーの演技を賞賛している。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesでは、23件のレビューに基づいて74%の支持率を得ており、平均得点は6.2 / 10である[6]

脚注編集

外部リンク編集