ブランチインブランチ

ブランチインブランチとは、合併した銀行などで、経営合理化とサービス改善とを早期に実現する目的から、とりわけ勘定系システム統合前に複数の支店を1か所の窓口にして行う形態のこと。店舗内店舗(てんぽないてんぽ)もしくは、店舗内支店(てんぽないしてん)とも称される。

目次

概要編集

これまで主だったところでは、(旧)三井住友銀行[注釈 1]、(旧)みずほ銀行[注釈 2]りそな銀行三菱UFJ信託銀行三菱東京UFJ銀行などで行われている。その目的から、システム統合が完了次第、早期に店舗統合を実施する例がほとんどである。ただし、三菱東京UFJ銀行三井住友信託銀行のように、システム統合完了後も、店舗統合を実施せずにブランチインブランチを継続ないしは実体店を削減(地方銀行では筑波銀行第二地方銀行ではきらやか銀行などに同様のケースが見られる)、あるいは建替の際の仮店舗を既存店の窓口で取り扱う等の理由により、ブランチインブランチをさらに行うケースも見られる。

この形態の支店におけるATMの設置については、旧みずほ銀行[注釈 3]・旧三井住友銀行のように一方の支店の管轄するATMしか設置しないケースと、りそな銀行三菱東京UFJ銀行三井住友信託銀行のように、双方の支店の管轄するATMを併設するケースとがある(なお、三菱東京UFJ銀行の場合は、システム統合後に一方の支店のみに変更した店舗も見られる。三井住友信託銀行の場合は、旧住信店側のシステムが移行済となった時点で、事実上の存続店側の店舗管轄のものに統一された)。後者の場合は、それぞれの旧行の採用するATMベンダがはっきりと違う(ないしは、ATMの筐体の色を分けている)ほか、ATMにピクトグラムなどで明示がなされ旧行の識別をしやすくしているケースが多く、システム上での店舗統廃合を行った場合でも両者の機種が並存することとなる。しかしながら、前者の形式では、自店宛の振込ができないケースもある(金融機関によっては、暫定的に、同一店扱いとして優遇するケースや、窓口で明細を提示することによりキャッシュバックを行うケースもある)。当然、本支店扱いすなわち同一行他店舗あて扱いとして、手数料がかかり事実上の値上げになることもある。

合併に伴い「〇〇中央支店」や「〇〇駅前支店」など(後者は主に都銀の場合)と改称される店舗は将来的な統廃合でのブランチインブランチ解消時の廃止対象となることが多い(システム統合後も店舗統合を行わなずに、ブランチインブランチを継続する場合は、口座を新規に開設できない扱いとする場合もほぼ同様。ただし、旧北海道拓殖銀行の道内店舗を譲受した北洋銀行が店舗統合時に拓銀店舗を存続させて譲受前から営業している旧来の店舗を廃店させたケースのように、りそな銀行町田中央支店やきらやか銀行鶴岡中央支店のように、名称が変更されたものの、店舗統合の際の存続店あるいはブランチインブランチ継続時の実質的な存続店となる、逆パターンもある)。

事例編集

ここでは、都市銀行などで見られる合併などによってシステムが複数並存するケースに伴うものおよび、東日本大震災に伴う損壊店舗の仮店舗を、暫定的に別支店内に併設する形でブランチインブランチとなったもの以外のケースを取り上げる。

システム統合を伴わない事例編集

都市銀行
地方銀行
  • 北海道銀行(札幌駅北口支店・光星出張所、西野支店・西野二股出張所、室蘭支店・東室蘭支店、豊岡支店・銀座通支店)
  • 北都銀行(高清水支店・将軍野支店、大館プラザ支店・大館駅前支店三種支店・山本支店、大曲支店・仙北支店)
  • 荘内銀行(酒田営業部・若竹町支店(酒田市)、鶴岡東支店・朝暘町支店(鶴岡市)、米沢支店・米沢西支店(米沢市)、新庄支店・新庄南出張所(新庄市)、ときめき通り支店・鈴川支店(山形市)、温海支店・ねずが関支店(鶴岡市)、山形営業部・山形南支店(山形市)、天童支店・天童中央支店(天童市)、東部酒田支店・平田支店(酒田市)、本店営業部・宝田支店(鶴岡市)。新庄南出張所を除き、いずれかの旧所在地となる場所ないしはその近隣に店舗外ATMが設置される)
  • 東北銀行 - 夕顔瀬支店・高松出張所(盛岡市)、花巻支店・北花巻支店(花巻市
  • 七十七銀行(2014年8月25日より、本店営業部・本店営業部JR仙台出張所)
  • 筑波銀行 - 合併による重複店舗を口座勘定統合せず、実態店舗の削減を行う形になったため、対象店を順次ブランチインブランチとする予定。理由は、合併と前後して主に旧茨城銀行利用者のシステム統合までの変更点が口座番号変更・通帳/カードの強制切替等、これ以上の負担を強いた場合の影響があまりにも大きく、口座勘定までは当面削減できないと判断したため(旧関東つくば銀行の店舗は、合併前・合併時の重複支店名称等の変更程度等に留まっている)。
  • 北國銀行(本店営業部・金沢中央支店)
    • 2017年2月に、金沢中央支店の側を廃店予定。
  • 鳥取銀行(倉吉中央支店・三朝出張所、名和支店・中山出張所、五千石支店・溝口出張所)
  • 阿波銀行(本店営業部・徳島駅前支店・新聞放送会館出張所、2009年1月26日より両国橋支店・かちどき橋支店、2010年1月25日より鳴門支店・大津支店、2011年10月17日より田宮支店・矢三支店、2011年10月24日より阿南支店・見能林支店、2012年1月23日より羽ノ浦支店・古庄支店)
  • 百十四銀行(2014年7月22日より坂出支店・駒止支店、2017年8月28日より国分寺支店・同端岡出張所)
信託銀行
第二地方銀行
  • きらやか銀行
    • 山形しあわせ銀行(本荘支店・石脇出張所、遊佐支店・吹浦出張所、新庄支店(合併後は新庄北支店)・新庄南出張所、米沢支店(合併後は米沢中央支店)・米沢東出張所(2008年6月16日より、米沢東出張所は、旧殖産店の米沢駅前支店内に移転した)、産業通支店・南原出張所、城西支店・下条出張所)
    • 殖産銀行(新庄支店・新庄西出張所、酒田支店・酒田千石町出張所、新発田支店・新発田北出張所)
      • このほかに、実店舗のない口座店だけの出張所が5店舗ある。鈴川出張所(合併後は鈴川南出張所、2008年8月4日からは、無人口座店から、旧しあわせ店である鈴川支店とのブランチインブランチに変更された)、上山南出張所、寒河江南出張所、米沢西出張所(合併後は西大通出張所。2008年9月16日より、無人口座店から、旧しあわせ店である米沢西支店とのブランチインブランチに変更された)、鶴岡西出張所(当初は店舗統合を行うとしていたが、2008年1月21日からは、無人口座店から、当初の統合先と発表されていた旧しあわせ店である美原町支店とのブランチインブランチに変更された)
    • 合併後、重複拠点はブランチインブランチの形で実体店を消しており(合併と同時にシステム統合を実施)、口座店としては存続しているため、ブランチインブランチの形態で営業する形を取っている。合併後に廃止された拠点は、旧しあわせ店だった郡山支店(継承先は、旧殖産店の福島支店。旧郡山支店跡地は、福島東郵便局内に所在したかんぽ生命保険福島支店の移転先となった)、きらやか銀行発足後に仙台支店(旧殖産店)と同じ支店コードで開設された有人出張所である泉出張所(同時に、近隣に仙台泉支店を新設したため、旧泉出張所勘定は、母店の仙台支店か新設の仙台泉支店のいずれかに移管)、天童支店(旧殖産店)と同じ支店コードの旧交り江出張所(交り江出張所の口座店名を天童支店に変更・統一し、交り江出張所自体はATMのみとなった)、新庄支店(旧殖産店)と同じ支店コードの旧舟形出張所(舟形出張所の口座店名を新庄支店に変更・統一し、舟形出張所自体はATMのみとなった)

の4箇所のみ。このため、山形市の本店営業部や中央営業部の5口座店や酒田市の酒田支店、新庄市の新庄支店、飽海郡遊佐町の遊佐支店のように4口座店(本店営業部を除き、いずれも1以上の有人出張所口座店を含む)を1か所に集約した拠点もある。

  • 仙台銀行(本店営業部・国分町支店・東京支店、など)…東日本大震災で被災したことによる、店舗再建までの暫定処置あるいは渉外業務の合理化などを理由に、ブランチインブランチ形式を取り、口座店統合を実施しない形を取っている。なお、東京支店は、本店営業部内に取り込まれてからも、東京都収納代理金融機関をはじめ、都内所在でなければ本来指定されないあるいは不可能な業務も、(東京支店扱いとしてだが)本店窓口で一部継承する形となっている(他店舗では、通常は取次代金取立の手続きになるため、できても有料での対応となる)。
  • 西京銀行(本店営業部・銀南街支店・新宿通出張所、富田支店・福川支店、下松支店・星プラザ出張所・熊毛出張所、下関支店・新地支店、新下関支店・豊浦支店・綾羅木支店、小郡支店・阿知須出張所、長門支店・仙崎支店、岩国支店・和木支店、南岩国支店・由宇出張所、柳井支店・平生出張所、小倉支店・戸畑支店)
  • 徳島銀行 (小松島支店・東小松島支店、高松支店・丸亀支店)
  • 香川銀行(本店営業部・宮脇町出張所(2012年9月3日より。同出張所跡地に設置された無人ATMは「宮脇町一丁目出張所」)、宇和島支店・岩松支店(2013年1月21日より。同支店跡地に設置された無人ATMは「津島町出張所」)、西宝町支店・鶴市出張所(2017年7月18日より。同出張所跡地に設置された無人ATMは「鶴市町出張所」))
  • 愛媛銀行(松前支店・ボーチェ松前出張所(元々はエミフルMASAKI内のインストアブランチだった))
  • 八千代銀行(二本松支店・城山支店)
信用金庫
信用組合
農業協同組合

のように、システム統合が関わるものではないにも関わらずこの形態をとっている金融機関も出始めている。

理由はいろいろあるが、単純な店舗統合では、一方の店舗(廃止店)の顧客の通帳キャッシュカードを強制切り換え・口座番号の変更等、顧客側への影響が大きくなるために、建物自体は廃止しても「口座店」としてはもう一方(建物としての廃止店)も残しておくというケースがみられる。

上記、三菱東京UFJ銀行本店・丸の内支店の場合がこれにあたる。丸の内地区再開発のあおりで丸の内支店の居場所がなくなったため本店内に取り込んだ。しかし、丸の内支店は旧三菱銀行時代には支店長が取締役兼任だった大支店であり取引先が大変多い。統合すると顧客に対する影響が大きすぎるためこのような措置になったとみられる(実際に、旧東京三菱銀行が、旧UFJ銀行との合併前の支店コード重複店の変更を行った際、通帳[1]の強制切り替えを行っており、東京三菱銀行時代に丸の内支店を統合していた場合は、確実に通帳強制切替などの影響は高かった。また、合併後に稼働した新システムのアーキテクチャにもその思想が残されているために、他店を含め、旧UFJ店の新システム移行完了後も店舗統合までは至らないともいわれる)。

また、青森銀行のように店舗統合の前段として、存続予定店内に消滅予定店をブランチインブランチとして取り込んだ上で、1年程度の周知期間をおいた上で統合するケースもある(みちのく銀行でも、同様のケースとして、むつ支店の新店舗営業開始と同時に、後日同支店へ統合の大湊支店をブランチインブランチとして取り込んでいたことがあった)。

農業協同組合の場合は、本店ないしは本所を特定の法人専用の勘定店として、その他の顧客や組合員は、本店ないしは本所の建物に同居している別の支店・支所ないしは近隣の支店・支所での利用となるケースもある。このため、本店・本所では利用ができないケースも存在する(別の支店・支所とブランチインブランチとなっている場合でも本店・本所の口座を利用できるケースがあるため、これに該当しないケースもある)。この場合、本店・本所の窓口自体がなく、同居している支店・支所の窓口のみが建物内に存在し、窓口業務はそちらを利用する形となる。ATMの設置についてもほぼ同様となる。この他、島根県農業協同組合の場合は、合併発足前の旧農協の本店・本所であった地区本部併設の支店の一部で同様の形態が見られる。

建て替え等に伴う一時的な措置の例編集

店舗建替えの際、仮店舗を置かずにこの形態で業務を行うケースもある。矢印の左側が建替対象店舗、右側がブランチインブランチ先の店舗。

  • りそな銀行(新井薬師出張所→中野支店、2004年5月17日 - 2005年10月16日
    • 新井薬師出張所は、元は井荻支店が母店となっていたが、ブランチインブランチ解消後、中野支店が母店となっている(井荻支店が旧大和店、中野支店が旧あさひ店であり、新井薬師出張所の位置が井荻支店よりも中野支店の方が近隣だったためとされる。ちなみに、ブランチインブランチ実施の期間に旧両行の統合システムへの移行が実施されている)。
  • 中国銀行(岡山駅前支店→富田町(とんだちょう)支店、2005年10月14日まで)
  • 広島銀行(大州支店→広島東支店、2013年2月18日 - 同年10月18日
  • 伊予銀行(垣生(はぶ)支店→松前(まさき)支店、2010年2月12日まで)
  • トマト銀行(岡山駅前支店→中山下(なかさんげ)支店、2005年10月7日まで)
  • 西京銀行(下関支店→唐戸支店、2011年6月6日 - 2012年11月11日

また、新規店舗開設の際、口座店としてのみ先行開業し、店舗建物の完成までこの形態で業務を行うケースも出ている。

また、類似したケースとして、りそな銀行錦糸町支店(旧大和店)は、2004年10月18日からりそな銀行亀戸支店(旧あさひ店)内に移転していたが、2007年6月11日錦糸町駅南口に再移転した。事情は公表されていないが、この2支店は、システム統合前の事実上の店舗統合のためのブランチインブランチではなかったか、あるいは当初はその計画であったがその後計画を変更し双方存続・独立させたものと推察される。

関連項目編集

店舗の合理化手法として、次の手法もとられる。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 「旧」は、住友とさくらとの合併でのシステム統合の意味。今の三井住友は、わかしお銀と旧三井住友との合併でのシステム統合である。
  2. ^ 「旧」は、みずほコーポレート銀行に吸収合併される前のみずほ銀行(2002年4月1日から2013年6月30日まで存在)を指す。今のみずほ銀行は、旧法人と旧コーポレートとの合併でのシステム統合を指すが、システム統合とは関わりのない、旧みずほ銀行の支店間のブランチインブランチが合併と前後して行われている。旧法人とコーポ店舗間については、合併以前(ほとんどは、旧みずほ銀行及びみずほコーポレート銀行の発足当初)より同じ建物内で営業しているケースが多かったため、特段にブランチインブランチが行われていない。
  3. ^ 旧コーポレート銀行は、ATM自体が非設置で、旧富士銀行を継承すればできるBANCSにも旧興銀を継承すればできるLONGSにも接続していないため、キャッシュカードは、旧みずほ銀行のATMか個別提携のATMの利用しかできず、通帳も旧コーポ店窓口か旧コーポ店専用の記帳機で行う形となっており、現みずほ銀行となってからも2016年時点ではその形が続いている。

出典編集