プリムス・サテライト

サテライト (SATELLITE)は、プリムスが製造・販売していた自動車である。1965年モデルイヤーに、プリムス「B」プラットフォームを用いる中型車ベルヴェデア系のトップトリムモデルとして導入された。2ドアハードトップコンバーチブルのみ設定され[1]GTXが登場する1967年モデルイヤーまで、最上級モデルであり続けた。

歴代モデル編集

初代 (1964-1967年)編集

サテライト
サテライト ハードトップ
サテライト コンバーチブル
製造国   アメリカ合衆国
販売期間 1964-1967年
ボディタイプ 2ドアハードトップ
2ドアコンバーチブル
変速機 3/4MT
3AT
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1965年、新しくより大きなフューリーがクライスラーのフルサイズCプラットフォームに導入されたとき、ベルヴェデアの名前は1965年のプリマスの「新しい」中型ラインに移された。ベルヴェデア・サテライトはベルヴェデア I および II の上に位置するシリーズのトップトリムモデルであった。2ドアハードトップまたはコンバーチブルのみ設定された。バケットシートとセンターコンソール、およびV8エンジンが標準。1965年の標準エンジンは273 cu in (4.5 L)で、オプションで318 cu in (5.2 L)、361 cu in (5.9 L)、そして383 cu in (6.3 L)と426 cu in (7.0 L)の"Commando"エンジンがあった。 426エンジンはウェッジ型燃焼室を持ち、1966年の426 "Hemi"とは異なるものであった。フロントエンドは両側に1つずつのヘッドライトがあり、グリルは水平に置かれた4つの薄い長方形に分割されていた。

1966年の生産台数は、35,399台のハードトップと2,759台のコンバーチブルであった。


2代目 (1967-1970年)編集

サテライト
サテライト セダン
サテライト ハードトップ
製造国   アメリカ合衆国
販売期間 1967-1970年
ボディタイプ 2ドアハードトップ
2ドアコンバーチブル
4ドアセダン
5ドアワゴン
変速機 3/4MT
3AT
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1968年、スタイルが変更されより高級なトリムを持ち、318 V8エンジンを標準搭載するSport Satelliteが登場、通常のサテライトの上に設定された[2]。Sport Satelliteはロードランナーと同じ水平ブレード付き黒塗りのグリルを装着、一方通常のサテライトはベルヴェデアと共通のグリルを付けた。4ドアセダンとステーションワゴンが初めてサテライトに設定された。1968年にはSport Satelliteのセダンはなく、しかし紛らわしいことにSatellite Sport ワゴンがあった。これらは、Sport Satelliteのトリムとともに外板に木目パネルが付いていた[3]。Sport Satelliteセダンは1969年に追加され、ワゴンは通常のSport Satelliteの1モデルとなった[4]

1968年モデルではまた、サテライトおよびベルヴェデアと同じボディを共有するプリムス・ロードランナーも導入された。

1968年のボディは1970年まで続き、1969年にはグリルが新しくなり、1970年にはフロントとリアのスタイルが小変更された。


3代目 (1970-1974年)編集

サテライト
製造国   アメリカ合衆国
販売期間 1970-1974年
ボディタイプ 2ドアハードトップ
4ドアセダン
5ドアワゴン
変速機 3/4MT
3AT
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1971年モデルでは新しいデザインが導入された[5]。2ドア、4ドア、およびワゴンで、大型のクライスラー・Cボディのフェイスリフトに合わせて、新しい「fuselage(飛行機の胴体の意)」スタイリングを採用。前の年とは異なり、4ドアセダンと2ドアクーペはシートメタルを共有せず、それぞれが独自のスタイリングとされた。セダンはベース、カスタム、ブロアムが、2ドアはベース(リアウィンドウが下がらない)、セブリング、セブリングプラスの各トリムが設定された。ステーションワゴンはベース、カスタム、そして木目を付けたリージェントの各モデルがあった。 2ドアはループタイプのフロントバンパーを持ち、このボディはGTXおよびロードランナーのベースとなった。

1973年モデルでは、2ドア(セブリングを含む)は角張ったシートメタルとリアサイドウィンドウになったとともに、よりコンベンショナルなフロントデザインとなった。1974年モデルの安全要件にはセダンとワゴンに5マイル毎時 (8.0 km/h)バンパーの装着が含まれた。サテライトの名前は1974年を以て廃止され、その後、プリムスのBボディシャーシを持つ中型車はフューリーの名称になった。サテライト・セブリングは、クライスラー・コルドバ(元々はプリムス・セブリングと呼ばれることを意図していた車)[6]に置き換えられ、ダッジ・チャージャーとそのまったく新しいボディを共有した。


脚注編集

  1. ^ History of the 1965-1970 Plymouth Satellite”. Hagerty. 2015年4月23日閲覧。
  2. ^ Lee, John (1990). Standard Catalog of Chrysler, 1924-1990. Iola, WI: Krause Publications, Inc.. p. 406. ISBN 0-87341-142-0 
  3. ^ Lee, p. 407
  4. ^ Lee, p. 408
  5. ^ 1971 Plymouth Satellite brochure”. oldcarmanualproject. 2015年4月28日閲覧。
  6. ^ The Chrysler Cordoba, (and 300)”. Allpar. 2015年4月28日閲覧。

外部リンク編集

関連項目編集