メインメニューを開く

プリンスメロンprince melon)は、サカタのタネが開発したノーネットメロンの品種。

概要編集

 
プリンスの片親であるシャランテメロン
 
プリンスの片親であるニューメロン

真桑瓜の一種ニューメロン(New Melon)とカンタロープの一種シャランテメロン(Charentais Melon)の交配により誕生した一代交配種である。「プリンスメロン」という名前は、横浜の青果商グループ「プリンス会」が試食したことから命名されており[1][2]、皇室に由来する名前ではない[1]

安価なメロンの先駆者であり、それまで高級メロン(マスクメロン)・甘い瓜(マクワウリ)しか無かった時代にメロンを一般大衆に広めた。後にアンデスメロンが開発されるまで、安価なメロンの代名詞であった。 メロンの二大病害つる割れ病うどんこ病に抵抗・耐病性がないため、長年栽培を続けてきた産地では連作障害で栽培が困難になったため、改良種の「プリンスPF」が1976年(昭和51年)に発表され、この品種が主流になった。なお、「プリンスPF」は「プリンス」よりやや大きめの果実に生育する傾向がある。

歴史編集

特徴編集

果肉の色は、緑の部分と橙の2層となる。皮色は白っぽく薄い緑でノーネット。

甘みはあるが香りはやや弱い。また、舌をピリピリと刺激するようなエグ味が出やすい。

主な産地編集

北海道から九州地方まで全国的に生産される。 北海道三笠市秋田県茨城県福井県鳥取県倉吉市長崎県熊本県など。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『朝日新聞』2007年5月12日東京朝刊、朝日新聞社、7面。
  2. ^ a b 『毎日新聞』2006年6月7日東京朝刊、毎日新聞社、12面。

外部リンク編集