プレザント・シェイド・オブ・グレイ

フェイツ・ウォーニングのアルバム

プレザント・シェイド・オブ・グレイ』(原題:A Pleasant Shade of Gray)は、アメリカ合衆国プログレッシブ・メタルバンドフェイツ・ウォーニング1997年に発表した8作目のスタジオ・アルバム

プレザント・シェイド・オブ・グレイ
フェイツ・ウォーニングスタジオ・アルバム
リリース
録音 1996年11月 - 12月 コネチカット州スタンフォード キャリッジ・ハウス[1]
ジャンル ヘヴィメタルプログレッシブ・メタル
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗メタル・ブレイド・レコーズ
ドイツの旗マサカー・レコード
プロデュース テリー・ブラウン
専門評論家によるレビュー
フェイツ・ウォーニング アルバム 年表
チェイシング・タイム
(1995年)
プレザント・シェイド・オブ・グレイ
(1997年)
スティル・ライフ
(1998年)
テンプレートを表示

解説編集

バンド初のトータル・コンセプト・アルバムで、12部構成の組曲となっている[1]。以後長年にわたりバンドに貢献していくベーシスト、ジョーイ・ヴェラ(元アーマード・セイント)が初参加したアルバムに当たる[2]

スティーヴ・ヒューイはオールミュージックにおいて5点満点中2.5点を付け「聴くのに根気がいる作品で、気の弱い人には向いていない」と評している[1]

本作リリース後のツアーでは全編が再現され、1998年4月のヨーロッパ・ツアーにおけるライヴ録音は、同年10月発売のライヴ・アルバム『スティル・ライフ』に収録された[3]

リイシュー編集

2006年の再発盤には、本作のプロモーション・ツアーにおける本作の再現ライヴを収録したボーナスDVD(ドイツ・ツアー及びハリウッド公演の模様を編集したもので、1998年に発売されたVHSと同内容)が付属した[4]。また、2015年には3枚組CD + DVDという仕様の再発盤がリリースされており、CD2には本作の全編のライヴ・ヴァージョン及びボーナス・トラック2曲、CD3にはデモ・ヴァージョン及び「パート2」のリミックス・ヴァージョン、DVDには1997年6月及び1998年4月に行われた本作全編のライヴ映像と、1999年の「We Only Say Goodbye」のライヴ映像が収録された[5]

収録曲編集

全曲ともジム・マテオス作。

  1. パート1 - "Part I" - 1:54
  2. パート2 - "Part II" - 3:25
  3. パート3 - "Part III" - 3:53
  4. パート4 - "Part IV" - 4:27
  5. パート5 - "Part V" - 5:24
  6. パート6 - "Part VI" - 7:28
  7. パート7 - "Part VII" - 4:51
  8. パート8 - "Part VIII" - 3:31
  9. パート9 - "Part IX" - 4:46
  10. パート10 - "Part X" - 1:19
  11. パート11 - "Part XI" - 3:35
  12. パート12 - "Part XII" - 9:18

日本盤ボーナス・トラック編集

  1. パート2(リミックス・ヴァージョン) - "Part II (Remix Version)" - 4:41

参加ミュージシャン編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Huey, Steve. “A Pleasant Shade of Gray - Fates Warning”. AllMusic. 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ Prato, Greg. “Fates Warning - Biography & History”. AllMusic. 2020年5月31日閲覧。
  3. ^ Taylor, Robert. “Still Life - Fates Warning”. AllMusic. 2020年5月31日閲覧。
  4. ^ Fates Warning - A Pleasant Shade Of Gray (2006, CD) | Discogs
  5. ^ Fates Warning - A Pleasant Shade Of Gray (2015, CD) | Discogs

外部リンク編集