メインメニューを開く
プレー式噴火: 1 噴煙柱, 2 降灰, 3 溶岩ドーム, 4 火山弾, 5 火砕流, 6 溶岩と火山灰の層, 7 地層, 8 火道, 9 マグマ溜り, 10 岩脈

プレー式噴火(プレーしきふんか 英:Peléan eruption)は、火山噴火様式のひとつである。粘稠なマグマ(特に流紋岩質、安山岩質)を含む場合に発生し、ブルカノ式噴火といくつかの共通点を持つ。

プレー式噴火の大きな特徴は、成長中の溶岩ドームが爆発を起こして発生する比較的小規模な火砕流(プレー型火砕流、英:Peléean type pyroclastic flow)を伴うことである[1]。短期間の降灰や、軽石丘の形成なども見られる場合がある。

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 吉田武義・西村太志・中村美千彦『火山学』共立出版〈現代地球科学入門シリーズ〉,2017年,pp.142-143
  2. ^ Jacques-Marie Bardintzeff, Le grand livre des volcans du monde, séismes et tsunamis, Orphie,‎ , 155 p. (ISBN 978-2-87763-551-6, notice BnF no FRBNF42263130), p. 70
  3. ^ François Girault、Philippe Bouysse および Jean-Philippe Rançon, Volcans vus de l'espace, Paris, Nathan,‎ , 192 p. (ISBN 2092608290), p. 45 à 47