プロンターは、

  1. 1902年にドイツのカルムバッハで設立されレンズシャッターリモートレリーズのメーカープロンターProntor GmbH )。旧社名はアルフレッド・ゴーティエ・カルムバッハAlfred Gauthier CalmbachAGC)。
  2. 1.がAGC時代からレンズシャッターに使用しているブランド。

である。

歴史編集

  • 1902年 - アルフレッド・ゴーティエ(Alfred Gauthier )が創業した。
  • 1904年 - 三枚羽根のコイロスKoilos )シャッターを開発した。A、G、Cの各文字が入った三枚羽根シャッターのメーカーロゴはこのシャッターに由来する。
  • 1910年 - 法人化し、"Alfred Gauthier GmbH"となる。
  • 1912年 - バリオVario )シャッターとプロントPronto )シャッター発売。
  • 1929年 - バリオシャッターとプロントシャッター改良。
  • 1931年 - カール・ツァイスグループに参加した。
  • 1935年 - プロンターProntor )シャッター発売。
  • 1969年 - 医療器具分野に進出。
  • 1976年 - カール・ツァイスグループ内でのレンズシャッター製造業務がプロンターに一元化された。

プロンターシャッター編集

プロンターProntor )シリーズはデッケルのコンパーに次ぐ高級シャッターの代名詞となり、他社のシャッターを採用したカメラであっても「プロンタータイプのシャッターを採用」などといったコピーが付けられるほどで、後に社名になった。日本ではコパル(現日本電産コパル)がプロンターのコピーをしていた。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注編集