メインメニューを開く

プールサイド・デイズ』(原題: The Way Way Back)は、2013年アメリカ合衆国で製作されたコメディドラマ映画。ナット・ファクソンジム・ラッシュが監督と脚本を務めた。二人にとっては初監督作品となる。

プールサイド・デイズ
The Way Way Back
監督 ナット・ファクソン
ジム・ラッシュ
脚本 ナット・ファクソン
ジム・ラッシュ
製作 トム・ライス
ケヴィン・J・ウォルシュ
出演者 スティーヴ・カレル
トニ・コレット
アリソン・ジャネイ
アナソフィア・ロブ
サム・ロックウェル
マーヤ・ルドルフ
リアム・ジェームズ
ロブ・コードリー
アマンダ・ピート
音楽 ロブ・サイモンセン英語版
撮影 ジョン・ベイリー
編集 タティアーナ・S・リーゲル英語版
製作会社 シカモア・ピクチャーズ英語版
オッド・ロット・エンターテインメント
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年1月21日
サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2013年7月5日
日本の旗 2014年6月4日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $23,198,652[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $21,506,546[2]
テンプレートを表示

日本では「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2014」の中の一作として2014年6月4日から限定公開された[3]。その後、2015年4月15日にソフトレンタルが開始され[4]、2015年7月3日にソフト発売がなされた[5]

ストーリー編集

14歳の少年ダンカンは、離婚した母親と共に生活しているが、彼女の新しい恋人トレントとの関係に悩んでいた。トレントは根暗なダンカンに対して必要以上に厳しく接しており、二人の関係にはいつしか深い溝ができてしまっていたのだ。ダンカンの母親同様に離婚歴のあるトレントは、その年の夏は互いの家族を連れて自身の別荘で過ごそうと提案し、ダンカンは嫌々ながらトレント一家と過ごすことになってしまう。

案の定、トレント一家と上手く馴染むことができないダンカンは、一人孤独を感じながら町をふらついていた。彼はそこでオーウェンという妙な男性と出会う。オーウェンはデタラメだが自由で明るく、いつしかダンカンも彼に心を開き始めていた。オーウェンが町のウォーターパークで監視員をしていると知ったダンカンは、自身もそこでアルバイトをすることを決意する。

初めて仕事を任されたダンカンは、そこで働く少し変わった人々と出会い、そして初めての恋を経験する。ひと夏の出会いが、少年の何かを変えようとしていた。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ Chai, Barbara (2013年7月3日). “The Water Park Behind ‘The Way, Way Back’”. ウォール・ストリート・ジャーナル. Dow Jones & Company. 2015年1月20日閲覧。
  2. ^ a b The Way, Way Back” (英語). Box Office Mojo. 2015年1月20日閲覧。
  3. ^ カリコレ2014” (日本語). 新宿シネマカリテ. 2015年1月20日閲覧。
  4. ^ プールサイド・デイズ レンタル” (日本語). 20世紀フォックス. 2015年1月20日閲覧。
  5. ^ プールサイド・デイズ セル” (日本語). 20世紀フォックス. 2015年5月20日閲覧。

外部リンク編集