メインメニューを開く

ヘイ・ポーラ」(Hey Paula)は、ポールとポーラ英語版1962年11月に発表した楽曲。翌年2月に3週連続全米1位を記録[1]。オリジナルのタイトルは「Paul and Paula」。作詞・作曲はポールことレイ・ヒルデブランド。日本でも安井かずみ訳詞(みナみカズみ名義)、田辺靖雄梓みちよのデュエットで大ヒットした。

ヘイ・ポーラ
ポールとポーラシングル
B面 恋人ボビー
リリース
規格 7インチ・シングル
レーベル Le Camレコード、フィリップス・レコード
作詞・作曲 レイ・ヒルデブランド
プロデュース メジャー・ビル・スミス英語版
チャート最高順位
ビルボード1位
テンプレートを表示

解説編集

ハワード・ペイン大学の学生レイ・ヒルデブランドが、アネットの1958年12月発売のヒット曲『Tall Paul(トール・ポール)』(全米7位)をヒントに6分を超える長さの原曲『Paul and Paula(ポールとポーラ)』を制作する[2]。大学の音楽サークルのバンドで一緒だったジル・ジャクソンとのデュエットが、二人がレギュラー出演していたテキサス州のローカルラジオで放送される[3]。その音源を別のラジオ局が放送し、リクエストが殺到するなど反響があったためラジオ用に録音をし直した際、Le Camレコード創始者でプロデューサーのメジャー・ビル・スミスの目に留まる[3]。スミスのアドバイスで曲を短縮し「Jill & Ray」の『Paul and Paula』として1962年11月にLe Camからレコード発売、アトランタなどでローカルヒットする。マーキュリー・レコードのプロデューサーシェルビー・シングルトンが権利を買い取り、12月に姉妹レーベルのフィリップス・レコードから「Paul and Paula」の『Hey Paula』に改名して発売された。B面は「恋人ボビー(Bobby Is the One)」。原曲からカットされた部分は2ndシングル『ヤング・ラバーズ』として発表された。

カバー編集

※1973年に田辺と九重が結婚し、夫婦デュオとしてテレビやコンサートで披露している。そのため、田辺と九重のデュエットが日本盤オリジナルだと勘違いする人も多い[4]。田辺・九重バージョンは1996年のアルバム『DUO~やさしくしてますか~』などに収録。

備考編集

いわゆる王道ポップスで一発屋ソング[5]扱いされるため音楽史的評価は高くないが[6]、2015年5月4日放送のNHK-FM「今日は一日“アナログ時代のアメリカン・ポップス”三昧」において、音楽史的見地での評価が高い曲を差し置いて、司会の宮治淳一片岡知子が当日オンエアした中で一番印象に残った曲として挙げた。

脚注編集

  1. ^ [1]billboard
  2. ^ 「Behind The Hits:Inside Stories of Classic Pop and Rock and Roll」ISBN 0-446-38171-3
  3. ^ a b Interview With Ray Hildebrandclassicbands
  4. ^ [2]レファレンス協同データベース
  5. ^ 実際はビルボードTOP40に3曲ランクインしている。『ヤング・ラバーズ(Young Lovers)』(1963年4月、6位)『けんかでデート(First Quarrel)』(1963年7月、27位)[3]billboard
  6. ^ The Number Ones: Paul & Paula’s “Hey Paula”stereogum 2018年5月14日

関連項目編集

先代:
ザ・ルーフトップ・シンガーズ
「ウォーク・ライト・イン」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
1963年2月9日 - 2月23日(3週)
次代:
フォー・シーズンズ
「恋のハリキリ・ボーイ」