メインメニューを開く

九重 佑三子(ここのえ ゆみこ、1946年3月21日 - )は、日本歌手女優。夫は歌手の田辺靖雄。長男はミュージシャンの田辺晋太郎である。

ここのえ ゆみこ
九重佑三子
生年月日 (1946-03-21) 1946年3月21日(73歳)
出生地 日本の旗日本東京都台東区上野桜木
職業 歌手女優
活動期間 1962年 -
配偶者 田辺靖雄
著名な家族 田辺晋太郎

目次

略歴編集

東京都台東区上野桜木出身。1962年ダニー飯田とパラダイス・キングの一員としてデビュー[1]1963年、「シェリー」でレコードデビューを果たす。1967年、特撮テレビドラマ『コメットさん』(TBS)に主演。本作品の出演で人気を博し、同年のNHK第18回NHK紅白歌合戦』では当時史上最年少(21歳)で紅組司会を務めた[2]

1968年、『コメットさん』の演技と「NHK紅白歌合戦」「ファミリー・ショー」の司会に対して第5回ギャラクシー賞を受賞[3]

1971年ギルバート・オサリバンのヒット曲「アローン・アゲイン」をなかにし礼の妙訳によってカヴァーした「また一人」をリリース。1973年、田辺靖雄と結婚。育児のため一時芸能活動を休止[4][1]。その後は夫とのコンサート活動や、バラエティ番組のコメンテーターとしても活躍している。

『コメットさん』は中南米で人気で、特にメキシコでは初代「コメットさん」が大ブームとなった。

2018年9月8日に放送された「陸海空 地球征服するなんて」において「あなたの知ってる日本人は?」とメキシコで調査したところ3位にランキングされた。

ディスコグラフィー編集

ダニー飯田とパラダイスキング(東芝音楽工業・東芝レコード)編集

  • シェリー/ブルージーンのヴィーナス(1963年2月)
  • 恋はやせがまん/可愛いチキティーナ(1963年5月、JP-5200)
  • 勉強のチャチャチャ(1963年5月)
  • ヘイ・ポーラ/ポッカリ歩こう(1963年7月、JP-5208)
  • 東京五輪音頭(1963年6月)
  • 悪いのはあなた(1963年7月)
  • ミスターベースマン/悲しき雨音(1963年7月、JP-5245)
  • 悲しきカンガルー/サーフ・シティ(1963年9月)
  • ウェディングドレス/愛しているなら食べて(1963年7月、JP-5261)
  • ワン・ラスト・キス(1963年12月)
  • ワシントン広場の夜は更けて = Washington Square/ロリーポップ・リップス(1964年2月、TR-1016)
  • 僕のマシュマロちゃん/ハートでキッス(1964年3月)
  • 浮気娘/ネイビー・ブルー(1964年4月)

シングル編集

東芝音楽工業・東芝レコード編集

  • 道はとこしえに/ピピ・ピピ・シェイク(赤木良輔)(1964年6月)
  • レモン片手に/泣いちゃいました(1964年8月、TR-1116)
  • ポプラの木陰で/もやもやしちゃうの(1965年1月、TP-1025)
  • 君に涙とほゝえみを/いつも心に憧れを(1965年4月、TP-1069)
  • ある日ある時/きらい(1965年7月)
  • チム・チム・チェリー/ドレミの歌(1965年10月、TP-1164)
  • 今日も元気で/幸せのうた(1965年11月5日、TP-1168)- 坂本九と
  • 抱きしめて/青い恋(1966年2月)
  • ディディンディンドン/しあわせ(1966年5月)
  • 涙こらえて/湖畔の娘/サテライトでデイト(1966年12月、TP-1374)
  • 悲しきエコー/パパ(1967年3月5日)
  • 銀座アフタヌーン/さよならの前に(1967年8月15日、TP-1513)
  • レモンの涙/別れのサンタモニカ(1967年10月)
  • バイ=ヤン・パム・パム/涙のウエディング・ベル(1968年2月1日、TP-1597)- ディズニーミュージカル映画「最高に幸せ」より、シャーマン兄弟による挿入歌「BYE BYE YUM PUM PUM」の日本語カバー
  • チュル・チュ・チュ/青空を歩こう(1968年5月1日、TP-)
  • コメットさん/ポロロン・ワルツ(1968年9月1日、TP-2044)- TBSテレピ映画「コメットさん」主題歌
  • 花が好き夢が好き/恋のゆりかご(1968年10月1日、TP-2063)
  • はなの上のニキビくん/私の心はとてもちいさい(1969年1月10日)
  • 白い蝶の歌/青空を返して(1969年4月1日)
  • 高校時代/ふたつのコーヒー(1969年5月1日)
  • 咲いたひらいた(1969年8月10日)- ジェリー藤尾、万国博こどもの歌
  • 愛の世界/今日も言えない(1969年9月1日)
  • きいろタンポポ/この森の向こうに(1969年11月1日、TP-2215)
  • うちあげばなし/ツァイネルリン(1970年4月5日、TP-2272)
  • くちづけからもう一度/こわれたギタ-と燃えないランプ(1970年10月5日)
  • 天使が汽車でやってくる/明日天気になーれ(1971年7月5日)
  • どうせ生きてゆくなら/脱出(1971年9月)
  • また一人(アロ一ン・アゲイン)/春がおそすぎて(1971年12月1日、TP-2779)

ガウスエンタテインメント編集

  • FOREVER GOLD/LOVE AND DREAM(1997年12月3日)- with 田辺靖雄
  • 帰ってくるのは~ここだぞ~/帰ってくるのは~ここよ~(1998年11月21日)- with 田辺靖雄
  • 帰ってくるのは~Duet Version~/やさしくしてますか-(1999年6月23日) with 田辺靖雄

テイチクエンタテインメント編集

  • いっしょ/ISSYO(2005年12月16日)

徳間ジャパンコミュニケーションズ編集

  • 明日がまだある/勝手にセタ・ガヤ/明日がまだある(オリジナルカラオケ)/勝手にセタ・ガヤ(オリジナルカラオケ)/ヘイ・ポーラ(ボーナストラック)(2014年5月14日、TKCA-90624)- with 田辺靖雄

アルバム編集

  • うちあげばなし(1970年12月1日)
  • 九重佑三子オンステージ(1971年3月5日)

出演編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

バラエティ編集

CM編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

  • 1964年 第15回「ウエディング・ドレス」
  • 1965年 第16回「抱きしめて」
  • 1966年 第17回「ディディンド・ディンドン」
  • 1968年 第19回「ラスト・ワルツ」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石橋春海 『’60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、111頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  2. ^ 同回はNHKの方針に則り、出場歌手としては選出されなかった。
  3. ^ 第5回ギャラクシー賞”. 放送批評懇談会. 2014年11月13日閲覧。
  4. ^ プロフィール”. 田辺靖雄&九重佑三子オフィシャルサイト. 2011年9月8日閲覧。
  5. ^ コメットさん”. メディア芸術データベース. 2016年11月26日閲覧。
  6. ^ 九重の降板と同時にNETテレビ(現:テレビ朝日)へ放送局が移行した。また、その後は黛敏郎が逝去まで31年間に渡り単独で司会を務めた。

関連項目編集