ヘルマン・ケステン

ドイツの小説家、劇作家、詩人

ヘルマン・ケステン(Hermann Kesten、1900年1月28日 - 1996年5月4日)は、ドイツ小説家劇作家詩人

略歴編集

ニュルンベルクユダヤ人商人の子として生まれる。フランクフルトで哲学を学び、左翼系出版社の編集員となる。ヒトラーが政権をとると、1940年にアムステルダムを経てアメリカ合衆国に亡命、のち市民権を取得。ドイツ・ペンクラブ会員であり、1972年から1976年までは会長を務めた。1974年ゲオルク・ビューヒナー賞受賞。皮肉と風刺とユーモアに富む作品で知られる。『ヨーゼフは自由を求める』Josef sucht die Freiheit (1927) は第一次世界大戦後の貧困のなかの少年を描き、クライスト賞を受けた。ほかに『ゲルニカの子供たち』 Die Kinder von Gernika (1938) など多数の小説、伝記『カザノバ』(1952) 、回想的作家論『わが友、詩人たち』 (1953) がある[1]

日本語訳編集

脚注編集

[脚注の使い方]