ヘンザダ

ミャンマーの都市

ヘンザダビルマ語: ဟင်္သာတ(မြို့); ALA-LC翻字法: Haṅsā ta (mrui')、IPA: [hɪ́n̪t̪àda̰ (mjo̰)] ヒンターダ(・ミョウ))はミャンマーエーヤワディ管区のエーヤワディ川沿いに位置する都市である。1983年の国勢調査では市自体の人口は82,005人[1]であったが、2010年には170,312人にまで増加している[1]。 ヘンザダ港を経由して地元産の米や穀物の貿易が行われている。

ヘンザダ
ဟင်္သာတမြို့
Watercolor of Henzada in 1855
Watercolor of Henzada in 1855
位置
ヘンザダの位置(ミャンマー内)
ヘンザダ
ヘンザダ
ヘンザダ (ミャンマー)
ヘンザダの位置(東南アジア内)
ヘンザダ
ヘンザダ
ヘンザダ (東南アジア)
座標 : 北緯17度38分46秒 東経95度27分37秒 / 北緯17.64611度 東経95.46028度 / 17.64611; 95.46028
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
  エーヤワディ地方域
 市 ヘンザダ
人口
人口 (2010現在)
  市域 170,312[1]
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

歴史編集

歴史的には、ヘンザダはモン族(タレインズ)に占領されており、パガン帝国の一部であった。[2]

教育編集

同市には、ヘンザダ・コンピュータ大学、ヘンザダ大学、ヘンザダ工科大学がある。[3]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Myanmar: largest cities and towns and statistics of their population"”. 2013年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月24日閲覧。 World Gazetteer
  2. ^ Morrison, W. S. (1915) Henzada District Office of the Superintendent, Government Printing, Rangoon, Burma, page 16, OCLC 69339625
  3. ^ "Technological University, Hinthada" Archived 2010-06-29 at the Wayback Machine. homepage