メインメニューを開く

ヘンリー 塚本(へんりー つかもと・1943年-)は、日本AV監督。FAプロ所属。昭和エロスにこだわった作品に定評がある[1]

目次

略歴編集

人物編集

  • 戦時下の東京で生まれた[2]
  • 東京大空襲で父と2人の兄を亡くした[3]
  • エロスの原風景は、疎開先だった千葉県の農村にある[2][4]
  • AV業界に入る以前に、にっかつロマンポルノとの出会いがあった[4]
  • 39歳まで洋裁会社に勤めていた[3]
  • AV女優を面接で重要視する部分は。舌の次は大腿[5]
  • AV男優は悪役を演じることが出来る人を選んでいる[4]
  • 「性生活報告」(サン出版)の愛読者である[1]
  • 多作作家であり、週2本ペースで作品を撮影(2日間撮影、3日間編集、残りで台本執筆)している[6]

監督作品の特徴編集

  • 昔から近親相姦がテーマとしてよく取り上げられている[4]
  • 障害者の性愛もよく描かれている[4]
  • 1回の絡みのシーンが短く、行為の回数が多い[4]
  • 作品の最後に、出演者が踊るシーンがある。映画『トーク・トゥ・ハー』からヒントを得た[4][5]

監督作品編集

代表作編集

  • 『ネコとタチ』シリーズ[3]
  • 『昭和 心揺さぶる官能ドラマ』シリーズ
  • 『昭和 心揺さぶるドラマチックポルノ』シリーズ
  • 『女たちの昭和』シリーズ
  • 『心に残り、心に沁みる官能』シリーズ
  • 『母 (おふくろ)』三部作
  • 『人妻』三部作
  • 『白昼の団地妻』(結城みさ[5]
  • 『不倫ポルノ』(澤村レイコ[5]

脚注編集

外部リンク編集