ベルムード1世(Bermudo(またはVermudo) I de Asturias、750年頃 - 797年)は、アストゥリアス王(在位:789年 - 791年)。アルフォンソ1世の弟カンタブリア公フルエーラの子で、アウレリオの弟。

ベルムード1世
Bermudo I
アストゥリアス王
Bermudo I of Asturias.jpg
在位 789年 - 791年

出生 750年
死去 797年
Flag of the Kingdom of Asturias.svg アストゥリアス王国オビエド
埋葬 Flag of the Kingdom of Asturias.svg アストゥリアス王国オビエド大聖堂、またはサン・フアン・デ・コリアス修道院
配偶者 ウセンダ
子女 ラミロ1世
家名 アストゥリアス家
王朝 ペレス朝
父親 カンタブリア公フルエーラ
テンプレートを表示

ベルムード1世は、現スペイン国王フェリペ6世の最も遠い先祖となる。

生涯編集

ベルムードは父フルエーラによって聖職者となることを決められた。マウレガートの死後、貴族たちによって後継の王に選ばれた。彼の在位中、アラバガリシアはイスラム教徒の襲撃に苦しんだ。ブルビア川の戦いでヒシャーム1世の軍に打ち負かされたあと、791年に王座を退き、元の聖職者に戻った。退位後はアルフォンソ2世の宮廷で暮らした。

ベルムード1世は797年に死んだが、寛大で賢明な王として歴史に名を残した。

ベルムード1世は、オビエド大聖堂に埋葬されたという説と、サン・フアン・デ・コリアス修道院に埋葬されたという説がある。年代記作家アンブロシオ・デ・モラレスによれば、ベルムード1世は妻や娘とともにシエラの礼拝堂に埋葬され、アルフォンソ7世の時代にサン・フアン・デ・コリアス修道院に埋葬されたという。

子女編集

ガリシアの富豪の娘ウセンダと結婚し、のちのラミロ1世を含む4子をもうけた。