メインメニューを開く
HMS Ben-my-Chree (1915).jpg
艦歴
起工 1907年
進水 1908年
竣工 1908年8月8日(海峡連絡船として)
借り上げ 1915年1月1日
就役 1915年
戦没 1917年カステロリゾ島沖にて撃沈。
その後 1921年残骸を回収。
性能諸元
排水量 常備 3,880t
全長 118 m(390 ft
水線長 114 m(375 ft)
全幅 14 m(46 ft)
吃水 5.5 m(18 ft)
機関 形式不明石炭専焼水管缶4基
+形式不明直結タービン3基3軸推進
最大出力 14,500shp(10Mw)
最大速力 24.5ノット
燃料 石炭:552トン
航空燃料:-トン
乗員 250名
武装 12ポンド:7.62cm(40口径)単装速射砲 4門
3ポンド砲 2門
1916年改装
12ポンド砲 5門
3ポンド砲 3門
2ポンド ポンポン砲 1門
搭載機 水上機:最大6機、通常4機

ベン・マイ・クリー (HMS Ben-my-Chree) はイギリス海軍水上機母艦。元はフェリーから改装された艦である。艦名はマン島語でLady of My Heart(我が心の淑女)を意味する。

艦歴編集

艦尾から撮影された本艦

1908年、乗客2,500人を2つのクラスにて運ぶフェリーとして進水した。第一次世界大戦の勃発に伴い、1915年1月1日にイギリス政府によって借り上げられ、水上機母艦に改装された。後部に格納庫及び水上機の揚収用クレーンが設けられ、発進には前方を用い、整備設備も追加された。

当初はハリッジを母港とし、ベルギー沿岸で活動した。3月3日、ソッピース・シュナイダーによるドイツ沿岸の空襲を試みたのが、初の実戦であった。但し、濃霧のためこの空襲自体は中止された。5月6日、駆逐艦レノックスと衝突したが、損傷は軽微であった。5月11日には、再度の空襲を試みるが果たせず、さらに飛行船を発見して迎撃を試みたが、エンジン不良によりこちらにも失敗した。

5月末、搭載機を砲撃観測に用いるため、ダーダネルス海峡へ向けて出港した。8月12日、搭載機ショート 184による14インチ航空魚雷の使用により、史上初の搭載機による艦艇攻撃を果たした。この時目標となった艦は、既にE級潜水艦E14」による雷撃を受け、座礁していたものであったが、17日には航行中の船舶に対する雷撃を行い、成功させている。

 
トルコ軍からの砲撃により炎上する本艦

ガリポリの戦いの終息と共に、ポートサイドに移動したが、2月11日、同地で蒸気船ウガンダと衝突し船首に損傷を受け応急修理を余儀なくされた。3月13日から4月26日にかけてドック入りし、本格的な修理が行われた。その後数ヶ月にわたりポートサイド及びアデンを根拠地として観測、偵察、空襲に従事した。

1917年1月11日、ドデカネス諸島カステロリゾ島沖に停泊中、トルコ軍の陸上砲台からの砲撃によって撃沈された。残骸は、1921年に引き上げられた。

参考文献編集

外部リンク編集