ペリカン・エア・サービス

ペリカン・エア・サービス (Pelican Air Services) は、南アフリカ共和国ヨハネスブルグに拠点を置くフェデラル・エア英語版商号のひとつ。このブランドは程なくして使用されなくなり、その後はフェデラル・エアの名で運航が継続されている。

ペリカン・エア・サービス
IATA
7V
ICAO
PDF
コールサイン
PELICAN AIRWAYS
設立 2001年
運航停止 2009年
ハブ空港 O・R・タンボ国際空港
親会社 フェデラル・エア
保有機材数 1 (廃止)
本拠地 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ
外部リンク http://www.pelicanair.co.za
テンプレートを表示

ペリカン・エア・サービスは定期便の運航をおこなっていた。拠点空港は、ヨハネスブルグO・R・タンボ国際空港であり、他にもクルーガー・ムプマランガ国際空港英語版と、 モザンビークビランクーロ空港英語版ハブ空港としていた[1]

歴史編集

この航空会社は、PWD Farquhar が、 TTA Mozambique と提携して、1990年代後半に設立した。2001年、JF Pienaar が出資して、PWD Farquhar (67%)、JF Pienaar (33%)) という保有比率となり、2007年3月時点では19人の従業員がいた[1]

就航地編集

ペリカン・エア・サービスは、ヨハネスブルグからビランクーロへの路線を運行しており、モザンビークの航空会社 ASAS de Moçambique との提携によって、さらにその先のバザルト諸島英語版へも路線を伸ばしていた[1]

機材編集

 
ペリカン・エア・サービスのATR 42

2009年11月29日時点で、ペリカン・エア・サービスの機材は次の通りであった[2]

脚注編集

  1. ^ a b c “Directory: World Airlines”. Flight International: p. 62. (2007年4月10日) 
  2. ^ Flight International, 3–9 October 2006

関連項目編集

外部リンク編集