メインメニューを開く

ペリンドプリル(Perindopril)は長時間使用型アンジオテンシン変換酵素阻害薬[1]のひとつ。日本での商品名は「コバシル」(フランスセルヴィエが創成。日本で当初は第一製薬が販売していたが、2008年第一三共より協和発酵へ販売移管、2011年現在は協和発酵キリン販売)

ペリンドプリル
Perindopril.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • D
投与方法 経口
薬物動態データ
生物学的利用能 24%
血漿タンパク結合 20%
代謝 Renal
半減期 1 hour - 17 hours for perindoprilat (active metabolite)
識別
CAS番号
82834-16-0
ATCコード C09AA04 (WHO)
C09BA04 (WHO) (with diuretics)
C09BB04 (WHO) (with amlodipine)
PubChem CID: 107807
DrugBank APRD01178
ChemSpider 96956 チェック
UNII 1964X464OJ チェック
KEGG D03753  チェック
ChEMBL CHEMBL1581 チェック
化学的データ
化学式 C19H32N2O5
分子量 368.468 g/mol
テンプレートを表示

適応症編集

日本以外では安定狭心症心不全への適応を持つ

禁忌編集

  • 血管浮腫の既往歴のある患者
  • デキストラン硫酸固定化セルロース、トリプトファン固定化ポリビニルアルコールまたはポリエチレンテレフタレートを用いた吸着器によるアフェレーシスを施行中の患者
  • アクリロニトリルメタリルスルホン酸ナトリウム膜(AN69)を用いた血液透析施行中の患者
  • アリスキレンフマル酸塩を投与中の糖尿病患者(ただし、他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の患者を除く)
  • 妊娠またはその可能性がある患者[1]
  • 製剤成分に過敏症の既往のある者

副作用編集

重大な副作用とされているものは、血管浮腫、急性腎不全(0.04%)、高カリウム血症 である[1]

参照編集

  • Bounhoure JP, Bottineau G, Lechat P, et al.. "Value of perindopril in the treatment of chronic congestive heart failure: multicentre double-blind placebo-controlled study." Clin Exp Hypertens. 1989;A11(suppl 2):575-586.
  • Lechat P, Granham SP, Desche P, et al.. "Efficacy and acceptability of perindopril in mild-to-moderate chronic congestive heart failure." Am Heart J. 1993;126:798-806.
  • Morgan T and Anderson A; "Clinical efficacy of perindopril in hypertension." Clin Exp Pharmacol Physiol. 1992;19:61-65.
  • Myers MG; (on behalf of the perindopril multicentre dose-response study group) "A dose-response study of perindopril in hypertension: effects on blood pressure 6 and 24h after dosing." Can J Cardiol. 1996;12:1191-1196.
  • "The European trial On reduction of cardiac events with Perindopril in stable coronary Artery disease Investigators. Efficacy of perindopril in reduction of cardiovascular events among patients with stable coronary artery disease: randomized, double-blind, placebo controlled, multicentre trial (the EUROPA study)." The Lancet 2003;362:782-788.

出典編集

  1. ^ a b c d コバシル錠2mg/コバシル錠4mg 添付文書” (2014年6月). 2015年8月29日閲覧。

外部リンク編集