ペルセウス座アルファ星団

ペルセウス座α星団ペルセウス座運動星団Melotte 20Collinder 39Per OB3[4]とも)は、ペルセウス座にある散開星団である。黄色超巨星の2等星であるペルセウス座α星(ミルファク)を取り巻くように分布することから、このように呼ばれる。ペルセウス座α星もこの星団のメンバー星である。明るいメンバーとして、ペルセウス座δ星σ星ψ星、29番星、30番星、34番星、48番星が挙げられる。

ペルセウス座α星団
α Persei cluster
Melotte 20.jpg
ペルセウス座α星団の画像。中央上の輝星はペルセウス座α星(ミルファク)。
星座 ペルセウス座
視等級 (V) 1.2
視直径 185'
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  03h 26.9m
赤緯 (Dec, δ) +49° 07′
距離 557-650 光年(171-200パーセク[1][2][3]
別名称
別名称
Per OB3[4], Cr 39, Mel 20
Template (ノート 解説) ■Project

肉眼では、星団がいくつかの青い恒星(多くはB型主系列星)からなる様が観察できる。比較的大きな対象であるため、全体像をとらえるには高い倍率は適さない。双眼鏡での観察に適する。

星団の中心は地球から見てミルファクの北東の方向にある[5]ヒッパルコス衛星の観測と赤外領域の色-等級ダイアグラムのフィッティングから、星団までの距離は約172 pcであるとされている [2] [3]。星団のサイズは、コア半径 11.4 ± 1.4 光年、[5]半質量半径 18光年、潮汐半径 70.6 ± 8.5 光年である[6]。潮汐半径内には、517もの構成星が識別されている[5]。 星団は明らかな質量分離 (mass segregation) を経ており、端に近づくにつれ構成星の平均質量が減少している[7]。 また、この星団には潮汐テイルの存在の兆候が認められる。これは銀河潮汐力によるものかもしれない[8]

ペルセウス座α星団の年齢は、約5000万–7000万年であると見積もられている[1] [9]。構成星の平均金属量は太陽に近い値を示している。[5]

主要な構成星編集

恒星名 スペクトル分類 視等級
α Per (33 Per) F5Ib 1.81
δ Per (39 Per) B5III 3.01
ε Per (45 Per) B1V 2.88
ψ Per B5Ve 4.31
HD 21278[10] B5V 4.99
31 Per B5V 5.05
29 Per B3V 5.16
30 Per B8V 5.49
34 Per B3V 4.67
48 Per B3Ve 4.03
HD 21071 B7V 6.09

関連するアソシエーション編集

カシオペア-おうし座アソシエーション (Cas-Tau) は、天球上100° × 60° の領域にわたって分布する散開したアソシエーションであり、ペルセウス座α星団と関連すると考えられている[11][12]。このアソシエーションはBlaauw (1956) [12]により見いだされたが、Blaauw 以降の研究ではコンタミネーションが指摘され、その存在が疑問視されていた。しかしながら、そののちに行われたヒッパルコス衛星による位置天文学的観測[13]は、Cas-Tauがアソシエーションであることを支持している[11]

ペルセウス座α星団とCas-Tauの固有運動はよく似ており、約5000万年という年齢も一致している。このことから、両者は同一の起源を有することが支持される[11]。 また、ガイア衛星による観測データから、ペルセウス座α星団はCas-Tauに包まれるように分布しており、Cas-Tauの中核部分を担っていると考えられている[14]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b Prosser, Charles F.; Randich, Sofia; Stauffer, Joh R.; Schmitt, J. H. M. M.; Simon, Theodore (October 1996). “ROSAT Pointed Observations of the Alpha Persei Cluster”. Astronomical Journal 112: 1570. Bibcode1996AJ....112.1570P. doi:10.1086/118124. 
  2. ^ a b van Leeuwen, F. "Parallaxes and proper motions for 20 open clusters as based on the new Hipparcos catalogue", A&A, 2009
  3. ^ a b Majaess, D.; Turner, D.; Lane, D.; Krajci, T. "Deep Infrared ZAMS Fits to Benchmark Open Clusters Hosting delta Scuti Stars", Journal of the American Association of Variable Star Observers, 2011
  4. ^ a b Coyne, G. V. et al. (March 1979), “Wavelength dependence of polarization. XXXIII - The Alpha Persei star cluster”, Astronomical Journal 84: 356–369, Bibcode1979AJ.....84..356C, doi:10.1086/112431 
  5. ^ a b c d Lodieu, N.; Pérez-Garrido, A.; Smart, R. L.; Silvotti, R. (2019-08-01). “A 5D view of the α Per, Pleiades, and Praesepe clusters” (英語). Astronomy & Astrophysics 628: A66. doi:10.1051/0004-6361/201935533. ISSN 0004-6361. https://www.aanda.org/articles/aa/abs/2019/08/aa35533-19/aa35533-19.html. 
  6. ^ Kharchenko, N. V.; Piskunov, A. E.; Schilbach, E.; Röser, S.; Scholz, R.-D. (2013-10-01). “Global survey of star clusters in the Milky Way - II. The catalogue of basic parameters” (英語). Astronomy & Astrophysics 558: A53. doi:10.1051/0004-6361/201322302. ISSN 0004-6361. https://www.aanda.org/articles/aa/abs/2013/10/aa22302-13/aa22302-13.html. 
  7. ^ Sheikhi, Najmeh; Hasheminia, Maryam; Khalaj, Pouria; Haghi, Hosein; Zonoozi, Akram Hasani; Baumgardt, Holger (2016-03-21). “The binary fraction and mass segregation in Alpha Persei open cluster” (英語). Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 457 (1): 1028–1036. doi:10.1093/mnras/stw059. ISSN 0035-8711. https://academic.oup.com/mnras/article/457/1/1028/989829. 
  8. ^ Nikiforova, Victoria V.; Kulesh, Maxim V.; Seleznev, Anton F.; Carraro, Giovanni (2020-08-28). “The Relation of the Alpha Persei Star Cluster with the Nearby Stellar Stream” (英語). The Astronomical Journal 160 (3): 142. doi:10.3847/1538-3881/aba753. ISSN 1538-3881. https://doi.org/10.3847/1538-3881/aba753. 
  9. ^ Paunzen, E., Mermilliod, J.-C. "WEBDA: Alpha Persei"
  10. ^ Morrell, Nidia; Abt, Helmut A. (July 10, 1992), “Spectroscopic binaries in the Alpha Persei cluster”, Astrophysical Journal, Part 1 393 (2): 666–673, Bibcode1992ApJ...393..666M, doi:10.1086/171534. 
  11. ^ a b c Zeeuw, P. T. de; Hoogerwerf, R.; Bruijne, J. H. J. de; Brown, A. G. A.; Blaauw, A. (1999 January). “A Hipparcos Census of the Nearby OB Associations*” (英語). The Astronomical Journal 117 (1): 354. doi:10.1086/300682. ISSN 1538-3881. https://iopscience.iop.org/article/10.1086/300682/meta. 
  12. ^ a b Blaauw, A. (1956-05-01). “On the Luminosities, Motions, and Space Distribution of the Nearer Northern O-B5 Stars.”. The Astrophysical Journal 123: 408. doi:10.1086/146180. ISSN 0004-637X. http://adsabs.harvard.edu/abs/1956ApJ...123..408B. 
  13. ^ Cas-Tauはその広大さゆえ、地上からの観測では、観測方向に依存する系統誤差が無視できない。一方で、ヒッパルコスによる観測は、観測方向に依存する系統誤差を持たない。
  14. ^ Wright, Nicholas J. (2020-11-01). “OB Associations and their origins” (英語). New Astronomy Reviews 90: 101549. doi:10.1016/j.newar.2020.101549. ISSN 1387-6473. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1387647320300269. 

外部リンク編集

座標:   03h 22m 00s, +49° 00′ 00″