ペルソナ (人工衛星)

ペルソナロシア偵察衛星ソ連時代のヤンターリの系譜を受け継ぐレスールスDK級対地観測衛星の派生型。

ペルソナ
Persona (sputnik) vs human dimensions comparison.gif
ペルソナ衛星のイメージ図
所属 ロシアの旗 ロシア
主製造業者 TsSKBプログレス
ロモ
ヴァヴィロフ国立光学研究所英語版
運用者 VKS (2008-2011)
VKO (2011-)
状態 製造中
目的 光学観測
設計寿命 3-5年
物理的特長
質量 7000 kg
軌道要素
軌道 太陽同期軌道
テンプレートを表示

TsSKBプログレスが製造し、ロモヴァヴィロフ国立光学研究所英語版が光学系を製造した。

衛星編集

コスモス2441号と名づけられた初号機は、2008年7月26日にプレセツク宇宙基地43/3射点からソユーズ2.1bロケットで750kmの太陽同期軌道に打ち上げられた[1]。しかし電気的故障のため、利用可能な画像の地球への送信ができずに失敗した[2]

2号機に当たるコスモス2486号は2013年6月7日に打ち上げられた[3]。2015年6月23日に打ち上げられたコスモス2506号はペルソナの3号機と見られている。

詳細編集

衛星の重量は6500kg、全長7m、直径2.7m[要出典]

衛星の光学サブシステムはコルシュ式反射望遠鏡型式で、第一反射鏡が1.5m、焦点距離が20mである[4]

CCDイメージセンサはおそらくピクセルサイズ9µmのELCT1080v1U[要出典]とされる[5]。 CCDの製造は旧ELECTRON-OPTRONICとして知られるELAR(ЭЛАР)科学製造社であり[6]、焦点面ユニットはオプテックス(ОПТЭКС)科学製造合同が製造した。

天底画像解像度はパンクロ画像で33cm。7年間の運用を計画している。[要出典]

編集

  1. ^ Clark, Stephen (2008年7月26日). “Soyuz 2-1b rocket launches classified military payload”. Spaceflight Now. 2008年10月27日閲覧。
  2. ^ В гибели военного спутника виноваты детали” (ロシア語). Российская газета. 2009年2月11日閲覧。
  3. ^ Graham, William. “Russian spy satellite launched via Soyuz 2-1B”. NASASpaceflight.com. 2013年6月8日閲覧。
  4. ^ ОПТИКО-ЭЛЕКТРОННЫЕ СИСТЕМЫ ДЛЯ ДИСТАНЦИОННОГО ЗОНДИРОВАНИЯ ЗЕМЛИ” (ロシア語). LOMO. 2008年10月27日閲覧。
  5. ^ Разработки и производство ФПЗС и цифровых камер на их основе” (ロシア語). Интернет-журнал "ТелеФото Техника" Тип ФПЗС ELCT1080v1U ... Размеры элемента, µм 9х9" (2008年11月1日). 2015年7月1日閲覧。
  6. ^ ФПЗС ВЗН” (ロシア語). NPP-ELAR. 2008年10月27日閲覧。

外部リンク編集