Portal:宇宙開発宇宙開発分野のポータルです。

Shuttle.svg


宇宙開発(うちゅうかいはつ、space development)は、宇宙空間人間の社会的な営みに役立てるため、あるいは人間の探求心を満たすために、宇宙に各種機器を送り出したり、さらには人間自身が宇宙に出て行くための活動全般をいう...[全文を読む]

特集項目
Saturn V vs N1 - to scale drawing.png

宇宙開発競争とは、アメリカ合衆国ソビエト連邦との間で宇宙開発をめぐって戦われた、非公式の競争である。おおよそ1957年から1975年までの間続いたこの競争のもと、それぞれが人工衛星を打ち上げ、人間を宇宙空間へ送り、に人間を立たせるための計画を並行して行った。

この競争の発端は、初期のロケット技術の競争や、第二次世界大戦後の国際的な緊張のなかにすでにあったが、実際に始まったといえるのは1957年10月4日のソビエト連邦によるスプートニク1号の打ち上げの後であった。宇宙開発競争 (Space Race) という用語は公式な用語ではなく、軍備拡張競争 (Arms race) から類推して生まれた言葉である。宇宙開発競争は、冷戦中のソ連とアメリカによる...

--全文を読む


ニュース

最近の出来事




時事特集

Maquette lanceur -Vega-en-coupe-DSC 0019.jpg

ヴェガロケットは、欧州宇宙機関 (ESA) が開発した低軌道人工衛星打ち上げロケットである。

ESAの主力ロケットのアリアン5静止軌道に6トンものペイロードを投入できるが、300kgから2,000kg程度の小型の科学衛星地球観測衛星低軌道 (LEO) へ経済的に打ち上げたいという需要に応えるため、高度700kmの太陽同期軌道 (SSO) に1.5トンの衛星を打ち上げられるヴェガを開発することになった。

イタリア宇宙機関 (ASI) が開発プログラムを主導しており、ロケット機体および推進システムはフィアットアヴィオ社などが担当するほか、フランス国立宇宙センター (CNES) なども開発に参加し、打上げはCNESのギアナ宇宙センターのELA1から行う。参加各国の分担比率はイタリア65%、フランス12.43%、ベルギー5.63%、スペイン5%、オランダ3.5%、スイス1.35%、スウェーデン0.8%となっている。...

--全文を読む


お知らせ
  • ウィキプロジェクト 宇宙開発を立ち上げました。よろしければご参加ください。 -2010年6月25日 (金) 11:33 (UTC)
  • このたび正式リリースとなりました。これからもポータルの発展にご協力をお願いします。- 2010年2月6日 (土) 17:01 (UTC)追加
特集画像
Blue hazes over backlit Pluto.jpg

ニュー・ホライズンズが撮影した大気で青く霞む冥王星

新着項目

探す

新規記事作成後は索引にも追加してください。

日付は初版の投稿日時で、UTCで表示。


主要項目

宇宙利用

宇宙飛行

宇宙技術

宇宙探査

宇宙機関

地上設備

宇宙政策

隣接分野

各種依頼

執筆依頼

参考:Wikipedia:多数の言語版にあるが日本語版にない記事/天文

加筆依頼

参考:宇宙開発関連のスタブ項目

画像提供依頼

参考:宇宙開発(随時募集中の画像)
  • H-IIAロケット - 3-10号機の打ち上げ時の写真がありません。画像をお持ちの方、画像の提供をお願いします。--Su2365会話|投稿記録 ) 2011年1月15日 (土) 08:04 (UTC)


編集方法

このウィキポータルでは宇宙開発全般を扱っています。参加を歓迎します。
  • ノート: このウィキポータルに関する質問、提案がありましたらどうぞ。
  • 特集項目: 定期更新。ある程度充実した項目を任意に紹介。
  • 新着項目: 関連の新着項目があったときに更新。自分で投稿した場合も自由に追加してください。
  • 主要項目: 基本的な項目へのリンクです。大幅な変更を加える場合は事前にノートで相談してください。
  • ウィキプロジェクト宇宙開発で宇宙開発関連記事の執筆支援も行っております。
  • 「宇宙開発」に関する編集なら、他ポータルと重複してもかまいません。
  • P:SPACEショートカットとして利用できます

キャッシュをクリアする ←ページ変更が反映されない場合|