ペーター・シールゲン

Kronimus Rennen Iffezheim

ペーター・シールゲンPeter Schiergen1965年3月23日 - )は、ドイツ厩舎を構えている調教師。元騎手でもある。出身地はドイツ。名前は英語読みでピーターと表記される場合もある。

目次

来歴編集

騎手時代編集

1981年にドイツで見習い騎手となった。その後はハインツ・イェンツ厩舎[1]に移り同厩舎の主戦騎手として騎乗し、1992年に初めてドイツのリーディングジョッキーとなる。

1997年、調教師転向に伴い騎手を引退した。騎手成績は通算1451勝。

調教師時代編集

1998年より調教師となり厩舎を開業した。同年のバーデン大賞タイガーヒルが制して開業1年目で管理馬がG1競走初勝利を挙げた。

2002年ボレアルイギリスコロネーションカップを制して管理馬が海外G1競走初勝利を挙げた。さらに同年に初めてドイツのリーディングトレーナーとなった。

おもな記録編集

  • ドイツのリーディングジョッキー(5回)
    • 1992年、1993年、1994年、1995年、1996年
  • ドイツのリーディングトレーナー(3回)
    • 2002年、2005年、2006年

おもな管理馬編集

G1競走優勝馬(管理時)編集

重賞競走優勝馬(管理時)編集

脚注編集

  1. ^ 代表管理馬はランド

関連項目編集

外部リンク編集