ホセ・アルフレド・ロドリゲス

ホセ・アルフレド・ロドリゲスJose Alfredo Rodriguez1989年9月26日 - )は、メキシコプロボクサー。元WBA世界ライトフライ級暫定王者

ホセ・アルフレド・ロドリゲス
基本情報
本名 ホセ・アルフレド・ロドリゲス
通称 Torito
階級 スーパーフライ級
身長 161cm
リーチ 166cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1989-09-26) 1989年9月26日(30歳)
出身地 シナロア州マサトラン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 40
勝ち 35
KO勝ち 19
敗け 5
テンプレートを表示

来歴編集

2010年2月7日、神戸市ワールド記念ホールで中澤翔と50kg契約8回戦を行い、8回2-1の判定勝ちを収めた[1]

2011年11月19日、マサトランでネスラ・サシプラパ(タイ)とWBA世界ライトフライ級暫定王座決定戦を行い、12回2-1(114-112、113-111、111-113)の判定勝ちを収め、王座獲得に成功した[2]

2012年4月14日、リマコリセオ・エデュアルド・ディボスでWBA世界ライトフライ級13位のアルベルト・ロッセルと対戦し、プロ初黒星となる12回0-3(110-118、113-115、112-116)の判定負けを喫し初防衛に失敗、王座から陥落した[3]

2012年12月31日、大阪府立体育会館井岡一翔とWBA世界ライトフライ級王座決定戦を行い、6回2分50秒TKO負けを喫し正規戴冠による王座返り咲きに失敗した[4][5][6][7]

2013年11月30日、ケソンアラネタ・コロシアムミラン・メリンドWBOインターナショナルフライ級王座決定戦を行い、12回0-3(110-118、109-118、109-119)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[8]

2016年12月10日、バージニア州スプリングフィールドでエドウィン・ロドリゲスとUBF全米スーパーフライ級王座決定戦を行い、8回2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[9]

2017年1月29日、マカオでIBF世界スーパーフライ級王者のヘルウィン・アンカハスと対戦し、ロドリゲスが7回終了時に棄権し規定によるTKO負けを喫し2階級制覇に失敗した[10][11]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ ツナミ大差判定でV1-WBA女子戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年2月8日
  2. ^ ロドリゲス競り勝つ WBA・L・フライ級暫定王座決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月21日
  3. ^ Rossel gives Peru first world champ Fightnews.com 2012年4月15日
  4. ^ Ioka wins vacant WBA 108lb belt Fightnews.com 2012年12月31日
  5. ^ 井岡2階級制覇、宮崎も判定で戴冠 大阪のダブル世界戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年12月31日
  6. ^ 井岡、6回TKOで日本選手最短の2階級制覇…WBA世界ライトフライ級戦 スポーツ報知 2012年12月31日
  7. ^ Ioka wins vacant WBA 108 lb belt WBA公式サイト 2013年1月1日
  8. ^ AJ Banal, Milan Melindo score impressive decision wins Yahoo Sports Singapore 2013年12月1日
  9. ^ Nelson Captures UBF And WIBA Super Middleweight Titles With Unanimous Decision Fightnews.com 2016年12月12日
  10. ^ Ancajas retains IBF super flyweight world title in Macao Fightnews.com 2017年1月29日
  11. ^ ベルチェット陣営が三浦戦歓迎、マイキー怪気炎 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年1月30日

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
ネスラ・サシプラパ
WBA世界ライトフライ級暫定王者
2011年11月19日 - 2012年4月19日
次暫定王者
アルベルト・ロッセル