メインメニューを開く

ホセ・ボニージャ(Jose Bonilla、1967年11月19日 - 2002年6月14日)は、ベネズエラ出身のプロボクサー。元WBA世界フライ級王者。

ホセ・ボニージャ
基本情報
本名 Jose Bonilla
階級 フライ級
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
誕生日 (1967-11-19) 1967年11月19日
出身地 アンソアテギ州の旗 アンソアテギ州エル・ティグレ
死没日 (2002-06-14) 2002年6月14日(34歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 33
勝ち 27
KO勝ち 14
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1990年3月10日、ベネズエラでプロデビュー。

1992年11月20日、13戦目でベネズエラ・フライ級王座を獲得。翌1993年4月17日にはWBAラテンアメリカ・フライ級王座を獲得。同年11月、WBAラテンアメリカ王座3度目の防衛戦で元WBA世界フライ級王者でもある同国人ヘスス・ロハスに11回TKO負け。王座から陥落、同時にプロ初黒星を喫した。

1996年6月15日、ベネズエラ・ライトフライ級王座を獲得。国内王座2階級制覇を達成し、10月14日には初防衛に成功した。

1996年11月24日、世界初挑戦。敵地・タイでWBA世界フライ級王者セーン・ソー・プルンチット(タイ)に挑み、12回判定勝ち。25戦目にして世界王者となった。1997年2月25日の初防衛戦で初来日。大阪で元世界2階級王者井岡弘樹の挑戦を受け、7回TKO勝ち。同年11月22日には3度目の防衛戦で再び大阪のリングに登場。井岡の後輩にあたる元WBA世界ライトフライ級王者山口圭司に6回TKO勝ちを収めた。

1998年5月29日、4度目の防衛戦でウーゴ・ソトアルゼンチン)に12回判定負けを喫し世界王座から陥落した。

1999年10月9日、WBAラテンアメリカ・スーパーフライ級王座を獲得したのを最後に現役を引退。

2002年6月14日、母国ベネズエラの首都カラカス喘息による発作のため死去した。34歳没。

獲得タイトル編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
セーン・ソー・プロエンチット
WBA世界フライ級王者

1996年11月24日 - 1998年5月29日

次王者
ウーゴ・ソト