メインメニューを開く

ホロ島タウスグ語: Sūg, : Jolo、Joló)は、フィリピンの南東部に位置する火山性の島である。多くの火口があり、特に1897年に大噴火を起こした噴石丘(スコリア丘)・ダホ山(Bud Dajo、標高685m)が知られる。ボルネオ島ミンダナオ島の間に連なるスールー諸島の中央にあり、面積は861平方km、300,000人ほどが住む。

ホロ島
現地名:Sūg / Lupah Sug
Ph locator sulu jolo island.png
ホロ島(JOLO)
ホロ島の位置(ミンダナオ島内)
ホロ島
ホロ島
ホロ島の位置(フィリピン内)
ホロ島
ホロ島
地理
座標 北緯5度58分23秒 東経121度9分0秒 / 北緯5.97306度 東経121.15000度 / 5.97306; 121.15000座標: 北緯5度58分23秒 東経121度9分0秒 / 北緯5.97306度 東経121.15000度 / 5.97306; 121.15000
諸島 スールー諸島
隣接水域
面積 869 km2 (336 sq mi)
最高標高 811 m (2,661 ft)
行政
最大都市 ホロ(人口87,998人)
人口統計
人口 530,000人(2015年時点)
人口密度 515.6 /km2 (1,335.4 /sq mi)

ホロ島はスールー州に属する。島最大の街は人口8万を超えるスールー州の州都ホロであり、島の人口の3分の1ほどが住む。主要な民族はタウスグ人英語版(Suluk/Tausug)・バジャウ人英語版(Bajau)・バンギギ人英語版(Banguingui/Samal)などであり、農業や漁業・海上交易を営む。バジャウはボルネオ島などにまたがって暮らす漂海の民として知られていた。

かつてホロの町はイスラム教スルタン国・スールー王国の都が置かれ、東南アジアの海上交易の拠点として繁栄した。米比戦争後、1900年代の「モロの反乱」で多数の地元民がアメリカ軍に虐殺されている。また太平洋戦争スールー諸島の戦いでは日本軍とモロ人ゲリラとの激しい戦場となっている。2005年2月に4000人から5000人ほどのフィリピン軍部隊と、アブ・サヤフ・グループの民兵800人ほどが衝突し、1万人以上の避難民が出た。

アブ・サヤフの最大の拠点の1つであり、無法地帯となっている。周辺では海賊行為が横行しており、フィリピン政府はホロ島周辺が「新たなソマリア」になる危険があるとしている[1]

脚注編集

外部リンク編集

  • フィリピン歴史写真館(比米戦争、ダホ山の戦い)”. Inside News. 2019年9月29日閲覧。
  • "Jolo". Global Volcanism Program. Smithsonian Institution.
  • ホロ島 - Google マップ”. Google. 2019年9月29日閲覧。
  • 5.98°北 121.18°東 - Zoom Earth”. 2019年9月29日閲覧。