メインメニューを開く

ボフミル・イーレク(Bohumil Jílek 1892年10月17日 - 1963年8月3日)はチェコスロバキア政治家1925年から1929年までチェコスロバキア共産党の初代書記長を務めた。

ボフミル・イーレク
Bohumil Jílek
Bohumil Jílek (1892-1963).jpg
生年月日 1892年10月27日
出生地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国、Deštná
没年月日 1963年8月3日(1963-08-03)(70歳)
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
所属政党 チェコスロバキア共産党

在任期間 1925年 - 1929年
テンプレートを表示

彼は議員となる前、ジャーナリストとして働いていた。

1925年の議会選挙で彼は国会議員となり、チェコスロバキア共産党の書記長となった。しかし、1929年にチェコスロバキア共産党の指導者であるクレメント・ゴットワルトに賛同した急進的な共産主義者のグループの出現により、彼は権力を失った。1929年6月に彼はチェコスロバキア共産党を去り、議会でレーニン主義者と呼ばれる新しいチェコスロバキア共産党(先述のチェコスロバキア共産党とは異なる)のメンバーとなった[1]

1948年以降はフランスを経てアメリカ合衆国に移住した。

彼の父親Jan Jílekは地元の警官だった。

参考文献編集

  1. ^ “[http://www.psp.cz/eknih/1925ns/ps/rejstrik/jmenny/ja.htm JABLONICZKY János, dr. XVI. voleb. kraj]”. 2019年6月21日閲覧。